ダイエット

太らないパンの食べ方は?ダイエット中もおいしく食べたい

わたしはパンが好きなのですが、ダイエットしていると「ちょっと我慢しようかなぁ」と思ったり。

でも「やっぱり食べたいなぁ」と思うことがしばしば。

パン断ちをしても、そのうちどうしても食べたくなって食べすぎて太ってしまうんですよね。

そうならないためには、我慢しすぎないのが1番。

とはいってもちょっと心配なので、太らないための食べ方をご紹介します。

おいしいけど太るパン

ところでパンは太りにくい・太りやすいどちらでしょう。

以前、知人にはパンは太りにくいと聞いたことがあります。

一概にいえませんが、個人的には太りやすい傾向にあると思います。

というのも、パンの主原料は小麦粉のため、糖質が多いという点。

バターなども練り込まれているので脂質を多くとりやすいという点。

軽い食感のため、たくさん食べやすい点があります。

意外かもしれませんが、食感というのも太りやすい理由の1つ。

やわらかいというのは食べやすい反面、咀嚼が少なくなります。

そのため、早食い・食べすぎになりやすく、満腹を感じるまでにロスタイムが生じるように。

これは糖質や脂質とも関係があり、ポイポイ食べやすいからとり過ぎてしまうのです。

そこで、太らないために食べ方を工夫する必要があるのです。

パンを食べる前に

太らないためには、よく噛むこと。

また、

糖をゆるやかにする

食べすぎない

ことが重要になります。

パンだけを食べるというのは、ちょっと危険です。

そのためにはパンに手を伸ばす前の食べ方が肝心です。

野菜を食べる

「野菜でお腹をいっぱいにするのか」と思うかもしれません。

たしかにそれもありますが、野菜の目的は主に糖の吸収を緩やかにすることです。

食物繊維が多いため、糖の吸収を遅らせ脂肪に変わりにくくするのです。

また、食物繊維は咀嚼回数を増やすのにも役立つので食欲を抑える助けもしてくれます。

ランチなどで食べるときには、サラダをつけるようにしてみましょう。

温かい飲み物を飲む

パンを食べるとき、パンだけのときもあるけれど飲み物と一緒に頂くことが多いですよね。

そのときのドリンクのチョイスは冷たいものより温かいものを。

さらにいうと、甘くない物を。

冷たいものは食欲をうながす助けをするため、温かいものでお腹を落ち着かせてあげるようにします。

また糖の吸収という点でも、甘いもの1番に取るのは避けた方がベター。

おすすめは豆乳です。

豆乳はたんぱく質が多い飲み物。

血糖値を抑えるという面からも、役に立ちます。

また、脂質や糖質の代謝やとり過ぎを助けてくれるので活用していきたいアイテムです。

間食で菓子パンを食べるときに「サラダはちょっと…」という場合にも豆乳が助けになります。

また温かくはありませんが、青汁もおすすめです。

食べるときのひと工夫

パンはトーストが太りにくい

パンはそのままでも焼いてもおいしいですが、太りにくさでいうならトーストです。

なぜトーストかというと、焼くことによって成分が変化するからです。

パンに含まれる糖質の1つ「でんぷん」は、加熱することで難消化性でんぷんというものに変化します。

この変化したでんぷんは、食物繊維と同じような働きをするようになるのです。

そのため、トーストの方が糖を抑えて太りにくくなるのですね。

食パン・フランスパンなどはもちろん、パンの温めに軽くトーストしてもおいしいですよ。

バターは塗ってもOK

食パンなどにはジャムよりもバター。

「あぶら」というとやせるどころか太りそうですが、役に立つことも。

糖という点からいうと吸収を遅らせるのにあぶらが助けになってくれます。

クロワッサンは食パンよりGI値が低く血糖値が上昇にしにくいのですが、これは油分が多いから吸収を抑えてくれるのですね。

むしろジャムの方が砂糖がたっぷりで太りやすいです。

もちろん毎回たっぷりバターを使うのはよくありませんが、少し塗る程度なら助けになります。

ダイエットの助けとしては、バターのかわりにオリーブオイルもおすすめです。

やせたいを理由にパン断ちしなくていい

パンを太りにくく食べるには、できればおかずと一緒に。

もちろんパンをいくら食べても太らない体質の人もいますが、やっぱり太るなぁと。

食べすぎというのもあるのですが。

それを防ぐというのにも、おかずが役に立ちます。

単品でパンを食べるよりも、野菜やお肉・お魚をプラスすれば糖の吸収を抑えられるし、栄養バランスもよくなります。

菓子パンならドリンクで太りにくい工夫を。

また、単独で食べるならフランスパンなどのハード系のパンをおすすめします。

かたいパンはよく噛まないと飲み込みにくいため、食べすぎを防ぐのに役立ちます。

ダイエット中だからといって我慢をし過ぎると、途中で爆発して食べすぎてしまうことがあります。

ちょっと食べ方に気を付けて、おいしく頂きましょう。