ダイエット

朝食抜きはホントのところ太るタイプとやせるタイプがいる

朝食抜きは太るっていうのがダイエットの通説。

でも本音をいうと、朝食って逆に太りそうなんですよね。

食べない方がカロリーも減るしやせる気がします。

ホントのところはというと、全員に当てはまることでもないみたいです。

なら、朝ごはんを抜いて太る人・やせる人は何が違うのか書いていきます。

朝食抜きは本当に太るのか

よくダイエットで言われるのが「朝食は抜くな!」

そういわれるから「食べなきゃ」て食べていました。

太るのは嫌だから食べるけど、でもやっぱり食べる分だけ太りそうなんですよね。

朝の食事についていうと、

朝食を食べないと太る

朝ごはん抜きはやせる

これらはどちらも本当。

正反対な気もしますが、太りやすいのも食べないでいいのも事実。

抜いたからといって太るというわけでもないのです。

どうしてこんなに朝ごはんがうるさくいわれるのかというと、体のリズムが関係しているからです。

朝の食事でやせやすい状態にする

朝に食事が必要な理由は、体を活動状態にするため。

起きたときというのは、体が睡眠の休息状態から活動へ移行したところ。

このときはまだ活動スイッチが完全に入りきっていません。

起きているけれど、寝ぼけているのと同じ感じですね。

着替えたり、会社に行く仕度をしたりしていると、体もだんだん起きてきます。

食事はこの活動状態のスイッチを完全にオンするカギとなるのです。

体を活動状態に切り替えることで、やせやすい体になりダイエットを助けます。

活動状態になるとエネルギーの消費が増える

活動状態とはその名の通り、起きて動くために特化した状態。

眠っている休息状態とは違って、エネルギーの消費量が大きいのが特徴。

エネルギーの消費量が多ければ、脂肪も燃えやすくなりますよね。

そのため、食事をとってはやくスイッチを入れれば、はやくエネルギー消費がしやすくなるのです。

やせたいときにはぜひ活用したいメリットです。

ほかにも脳がしっかり覚醒するので、仕事の効率化にもつながります。

食事で代謝が上がる

朝の食事が大事なのは、代謝にも関係します。

食事を口に入れる、噛む、お腹に入る、消化する、栄養を吸収する

噛むことも消化することも、みんな体のエネルギー使って行われています。

食べ物を消化吸収することもエネルギー消費に貢献しているのです。

起きた直後は代謝が低下している状態。

そこで朝食をとれば、エネルギーを使うために体も起きだして代謝が上昇しやすくなります。

老廃物を出やすくする

排泄をうながすというのも朝ごはんの大切なポイント。

夜はお腹も休んでいたので、起きたときは動きが悪くなっています。

食事は腸に刺激を与えて、眠っていた内臓を目覚めさせるきっかけになるのです。

実は朝は排出する時間でもあるんです。

寝ている間に体のメンテをして、朝になったら出す。

ダイエットは栄養バランスも大切ですが、余計なものをためないことも重要。

老廃物がたまると代謝低下以外に、お肌や心にも影響を与えるようになります。

朝を抜くと食べすぎる

朝食抜きで太る理由は主に次の昼食が理由。

というのも、朝ごはんを抜いて空腹状態を長く続けると、お昼にドカ食いしやすいからです。

しかもこのドカ食いはほかにも早食い、食べすぎといった太る要素を含んでいるので余計に危険。

そのため、朝食を抜くと太ると言われています。

また、起床 → 仕事 → 帰宅 → 就寝 → 翌朝起きるまで、体には一連のリズムがあります。
いわゆる体内時計というものですね。

この体内時計がダイエットにも重要なもので、このリズムが崩れると太りやすくなります。

大まかには活動と休息という2つの時間があり、この切り替えがうまくできないと代謝などにも影響します。

そこで朝食の出番。

朝食は体のリズムを整える大切なポイント。

食べない状態は完全にスイッチが入るまでに時間がかかり、脳の覚醒や代謝の上昇がしにくくなります。

そのため活動状態にはやく切り替えるため、朝食が必要になります。

またこのスイッチの切り替えは睡眠にも影響し、体内時計が余計に狂いやすくなります。

食べて太ることもある

体のリズムを整える朝食ですが、逆に太る結果をまねくこともあります。

それが朝食で太る理由です。

朝ごはんを食べて太る理由は空腹感ではないから。

お腹が空いていない状態で、朝、無理に食べれば逆にお腹に負担がかかって太りやすくなります。

前日、夕食の時間が遅かったり、食べすぎてしまったりした場合、胃の中のものが翌朝まで消化されず残っていることがあります。

その状態で朝食を食べれば内臓の負担が増え、逆に代謝を下げやすくなってしまいます。

お腹空いてないけど朝ごはん食べるか、と食べていたら逆に太ったのはこれが理由だったようです。

また、食べすぎ状態になるため体の不調を感じやすくなります。

そうなれば心身ともにツライ状態で1日をスタートさせる羽目に。

朝食が仇となることもあるのです。

朝食抜きが向いている人・向かない人

朝食抜きが向いているタイプ

朝食抜きが向いている人は、以下のタイプ。

朝お腹がすかない

食べない方が調子がいい

空腹状態でもつらくない

朝にあまり食欲を感じない、食べたくないというタイプが向いていますね。

食べたくないのに無理に食べると、かえって体の負担になり太りやすくなります。

逆に空腹状態がたえられない人はこれはきついです。

お腹空きすぎて食べ物で頭いっぱいになったりしてくるので、集中力が低下したりします。

また、前日食べすぎてお腹に残っている感じがあるときも朝食抜きが役立ちます。

この状態で食べると胃腸に負担がかかって、体調にもダイエットにも響きます。

もし、昼食までに小腹がへるようなら、ちょっとつまむといいですよ。

間食も使い方次第ではダイエットの助けになります。

青汁や野菜ジュースなどを間に飲むのもおすすめです。

朝食抜きが向いていないタイプ

朝食抜きが向かないのは以下のタイプ。

朝お腹がすいている

空腹状態がつらくて耐えられない

ドカ食いしやすい

お腹がすいた状態がつらいと感じるなら、朝食抜きは向いていないタイプです。

このタイプが朝食を抜くと、失敗しやすいです。

つらいのに朝食を抜くとダイエットが続かなくなります。

さらにイライラしたりとストレスを感じやすくなるので、リバウンドもしやすくなります。

また、お腹がすきすぎてお昼に食べすぎるようにも。

ドカ食いの要因にもなるので、空腹がたえられないなら、朝ごはんを食べるようにしましょう。

やせないとどうしても「食べない」を選択しやすいですが、焦りは禁物です。

実際2キロくらいリバウンドしたことがあるので、安易に「食べない」を選択するのは要注意です。

おわりに

朝食を抜くのは悪のようにいわれますが、抜いたほうがいいときもあります。

自分の場合は平日はあまり食べないほうが楽なので、野菜ジュースやバナナで済ませることが多いです。

そのかわり、休日の朝はバランスよく食べています。

朝食を抜く場合は、自分があっているかどうかが重要。

じゃないと失敗してしまいます。

向いていないのに朝食抜きをやると、かえって遠回りに。

ダイエットは自分との対話。

一歩ずつ進んでいきたいですね。