ダイエット

コーヒーがダイエットを助ける?効果的な飲み方とタイミング

脂肪を燃やしたい、運動効果を上げたいとき、コーヒーを利用してみるのはいかがでしょう?

日常的にコーヒーを飲んでいらっしゃる人も多いですよね。

朝の目覚ましに1杯、休憩に1杯。
忙しい一日の合間にコーヒーを飲むと、なんだか「ほっ」とするときがありますよね。

実はコーヒーをうまく活用すると、ダイエット効果をアップしてくれるのです。

カフェインとポリフェノールがダイエットを助ける

コーヒーといえばカフェインですね。
カフェイン以外にもポリフェノールが含まれており、この2つの成分がダイエットの助けになってくれます。

カフェインのダイエット効果

脂肪燃焼:

体内でリパーゼという消化酵素の動きを活発にし、脂肪を分解してくれる効果があります。分解された脂肪は、体を巡って体の外に出ていきます。

 

基礎代謝アップ:

血行を良くしてくれる作用があり、基礎代謝を向上してくれます。
代謝が上がると消費エネルギーが増え、脂肪が燃えやすくなります。

 

利尿作用:

水分と一緒に体の余分なものを体外へ排出します。むくみ解消にも期待大です。

 

運動効率のアップ:

カフェインの脳を覚醒する効果により、筋肉を刺激して運動効率を上げます。
効率的に筋肉を鍛え、脂肪を燃やしやすくします。

ポリフェノール(クロロゲン酸)効果

美容効果:

体内のサビを落としてくれる抗酸化作用があります。
アンチエイジングにも有効です。

 

脂肪の抑制:

糖の吸収を緩やかにして、体に脂肪がつくのを抑制してくれます。
メタボリックシンドロームや糖尿病予防にも。

 

コーヒーのポリフェノールは、なんとカップ1杯につき赤ワイン1杯分と同じくらいの量が含まれています。
ポリフェノールといえば赤ワインですが、実はコーヒーもポリフェノールの豊富な飲み物だったんですね。

ダイエット向きのコーヒーの選び方

ドリップコーヒー

コーヒーを飲むなら、豆がおすすめです。
近くのスーパーやコンビニでも、すでに豆を挽いてあるコーヒー粉が手軽に入手できます。自分の好みに合うものを選んでくださいね。

ダイエット効果をさらに高めるには、焙煎が浅いものを。
焙煎時間が短い豆のほうが熱を加えられている時間が短いため、ポリフェノールが多く残っているので浅煎りの豆が最適といわれます。

でもコーヒーは焙煎が浅いほど酸味があるので、味が苦手な場合も。
無理はせず、好きな味・焙煎のコーヒーを選ぶのがおすすめ。
浅煎りよりは少ないけれど、きちんとポリフェノールが入っています。

インスタントコーヒー

インスタントでももちろんOKです。
粉を入れてお湯を入れるだけなので、インスタントコーヒーは忙しいときに便利なアイテム。
インスタントはカフェインが少ないという話も聞きますが、そんなことはありません。
豆もインスタントもカフェイン量はほとんど変わらないのです。
ポリフェノールもバッチリ入っています。
ただしポリフェノール量に関しては豆よりも量が少なくなるので、ドリップの方がおすすめです。
インスタントコーヒーも種類がたくさんあるので、好きなものを選びましょう。

 

缶コーヒー

外出先では缶コーヒーが便利ですね。
ただし甘いものやミルク入りの缶コーヒーは注意が必要です。
思っている以上に砂糖がたくさん使われています。ミルク入りは脂肪分も豊富です。
「コーヒーのダイエット効果 < 太る」になってしまいます。
缶コーヒーを飲むときはブラックを。できれば無糖を選ぶようにしましょう。
でも缶コーヒーには添加物が入っているものが多いので、できれば自分で淹れたものがベストです。

 

ミルクも砂糖も工夫次第

飲むならブラックのホットコーヒーがベスト。

カフェインとポリフェノールは、温度が高いほうが体内での吸収率がぐんとアップします。また温かいコーヒーは代謝を上げる効果も。

砂糖は糖質やカロリーを控えるため、できるだけ入れないほうがベターです。
ミルクもコーヒー用の粉末ミルクやポーションの場合は添加物が多いので、美容や健康を考えるならやめておくのが吉。

砂糖を入れるならオリゴ糖を選ぶとダイエットの手助けになります。ミルクなら牛乳を入れた方が体に優しいです。代わりに豆乳を使うと美容のサポートになるのでおすすめです。

ダイエット効果を上げるコーヒーのタイミング

 

おすすめのタイミングは運動前、食後、入浴前の3つです。

運動前

運動をする前に飲むと、コーヒーの脂肪燃焼効果を効率よく活用することができます。
トレーニングを始める30分前くらいが、ちょうどいいタイミングです。
量はカップ1杯で大丈夫です。

 

食 後:

何気なく飲んでいる食後のコーヒーも、痩せやすいタイミングです。
コーヒーが食べたものの消化を助け、脂肪をつきにくくしてくれます。

 

入浴前:

入浴30分前のコーヒーは、血行を良くしてお風呂での効果を高めてくれます。
体が温まりやすく、脂肪も燃えやすくなります。発汗作用もあるので、体質改善にもなります。

 

淹れたてがおいしくて肌にも良い

 

コーヒーを淹れて長時間ほうっておくと、おいしくないですよね。

酸化したコーヒーは、まずさ以外にも成分が劣化して体に良くありません。
活性酸素を発生させ、体調不良や肌の老化など、悪影響を与えてしまいます。

淹れたてが美容のためにもおすすめです。

コーヒーの注意点

寝る前はダイエットにも良くない

寝る前のコーヒーは脳を覚醒させる効果があります。
睡眠の質は太りやすさにも影響が。
寝る6時間前には飲まないようにしましょう。

 

飲みすぎは体調不良にも

適量なら消化を助けてくれるコーヒーも、多量に飲むと胃が荒れてしまう危険があります。
知人は1日2、3杯飲むと、気持ち悪くなって頭痛がするそうです。
人によりますが、1日4~5杯ぐらいを目安に。

空腹時は口臭の原因に

空腹時に飲むのはNGです。
お腹がすいているときに飲むと、コーヒーが胃の負担になってしまいます。
胃が荒れやすくなると、口臭にもつながるのです。

食後など、何か食べてから飲む方がいいですね。

ダイエットでコーヒーを淹れるときは温度が決め手

自分でドリップする場合、お湯は80度前後のお湯を使いましょう。

沸騰したお湯は熱でポリフェノールを壊しやすいので、少し冷ましてから使います。
上手くできると、ドリップが楽しくなってきますよ。

ドリップが苦手な場合

そんなときはコーヒーメーカーを使うと便利です。

値段は良いものなら相当な金額ですが、5千円内で買えるものも。
セットすれば全部自動でやってくれるので、用事をしている間にコーヒーを淹れてくれます。
ドリップが不得意な人や、飲みたいけど面倒という人におすすめ。

お湯の温度も80~90℃ぐらいで抽出してくれるので楽ちん ♪
味も安定しているため、ドリップが苦手でもおいしく飲める点がありがたい。

ダイエットに限らず、よくコーヒーを飲む人なら1台あると便利かもしれませんね。

カプセルタイプのコーヒーメーカーも手が汚れず便利です。

おわりに

コーヒーは身近な飲み物。
眠気覚まし以外にも、飲み方次第でダイエットを助けてくれます。

今はいろんなコーヒーやおいしく入れる機械も揃っています。

好きなものをおいしく飲んで、ダイエットに活用してみてくださいね。