デトックス

便が硬い&出ないなら食物繊維の種類に注意

お腹がスッキリしないと、なんだか体全体の調子が悪く感じたりしませんか

やせにくくなるし、ダイエットでも便秘は困った症状です。 出るのは嬉しいけど、出ても硬いと痛いし血が出るし・・・。

便が硬いタイプは水溶性食物繊維はいかがでしょう。

食物繊維にも種類があって、その種類によっては逆に便秘につながることも。

硬くて出にくい場合、便をやわらかくしてあげることがお腹とお尻にやさしい方法です。

水溶性食物繊維が硬い便の改善を助けてくれます。

食物繊維をとっているけど出ない

野菜もしっかり食べて、食物繊維をとっているけれど出ない・・・。

この場合は水溶性食物繊維が不足してるのかもしれません。

食物繊維は不溶性と水溶性の2種類あるんです。

どちらも欠けてはいけないのですが、どちらか一方、不溶性食物繊維を多く取り過ぎていると便秘を悪化させる要因にも。

食物繊維で便秘になる

わたしたちが食物繊維といってイメージしているのは、不溶性食物繊維の場合が多いですね。

不溶性食物繊維とは水に溶けない食物繊維で、体の不要物を絡めとる腸の掃除係をしています。

また便の量を増やして排便を促すので、便秘改善に欠かせないものとなっています。

でも量が増えても水分量が少ないと硬くなり、かえって出にくくなることに。

便をやわらかくする水溶性食物繊維

水溶性食物繊維も腸の掃除係をしていますが、こちらは保水力が高い拭き掃除役をしています。

水気を含むとジェル状になり、便をくるんで乾燥しにくくするんです。

便は腸内を移動する間も水分が失われていくのですが、水溶性食物繊維が便をやわらかく保ち、ツルッと出しやすくしてくれます。

お肌と一緒で、便も保湿してあげることが大切なんですね。

水溶性食物繊維の多い食べ物

水溶性食物繊維はドロッとしたものやネバっとした食べ物に多く含まれています。

わかめや昆布など海藻類に多く、キャベツなどは不溶性食物繊維が多い傾向です。

野菜で水溶性が多いのは、アボカドやオクラ、にんにくなど。きのこでは なめこ が多い ですね。

穀物では麦類に多く含まれており、もち麦などをご飯に混ぜて炊くと摂取しやすいです。

食物繊維のベストバランス

食物繊維は不溶性を取り過ぎも便秘になりますが、水溶性の取り過ぎも下痢などを引き起こすことも。

食物繊維のバランスは 不溶性:水溶性 = 2:1 良いとされています。

硬い・コロコロ状態なら水溶性食物繊維を多めに取りつつ、様子を見ていくのがいいですね。

水溶性と不溶性のバランスなら、便秘に良いと言われるゴボウもおすすめです。

水が排出を助ける

水溶性食物繊維は保水効果がありますが、保水のためには水分が必要です。

水は便をやわらかくしたり、スムーズな排出を助けてくれます。

体内の老廃物も流れやすくなるので、便と一緒に出すことで代謝や肌の改善にも役立ちます。

おわりに

便秘は体調やストレスにも関わってきます。

代謝が下がったり、脂肪が燃えにくくなったり、肌荒れしたりとダイエットや美容の邪魔にも。 何より不快感が強くて1日が憂鬱。

改善してスッキリ過ごしたいですね。