ダイエット

筋トレは必要?女性だからこそ無酸素運動が差をつける

やせようと思うなら適度に運動を取り入れるのが近道。

運動のなかでも、筋トレはボディメイクや代謝アップに最適です。

でもムキっとはしたくないし、運動としてもキツいイメージしかありません。

実は意外と有酸素運動よりも続けやすい側面を持っているのが筋トレです。

それに、女性だからこそ筋トレは重要で、ダイエット以外に肌などの美容面で差のつくポイントにもなりえます。

本記事では、筋トレのメリットや必要性についてご紹介します。

無酸素運動は理想の体をつくる運動

無酸素運動といえば筋トレ。

多量に酸素を取り込んで行う有酸素運動と違って、ほとんど酸素を使わないのが無酸素運動です。

この運動は脂肪を燃やすのではなく、筋肉を増やすことを目的としています。

直接脂肪にアプローチするわけではありませんが、筋肉量が増えることで代謝を上げ、脂肪が燃焼しやすい体にします。

例えば家事や仕事、通勤など、普段の何気ない行動も、筋肉が多ければより脂肪が燃えやすくなりますが、少なければ同じ行動でも燃える脂肪量は少なくなります。

筋肉が多い = 代謝の良さ = やせやすい体ということです。

また、理想の体型を目指すうえでも筋トレは欠かせません。

有酸素運動は脂肪を落とすことはできますが、体を作る上では筋トレで引き締める必要があります。

女性はムキムキになりにくい

ムキムキを気にして筋トレをしない女性も多いですが、実はこれはあまり気にしなくても大丈夫。

女性の場合はもともと脂肪が多く、筋肉が少ない体の構造をしているため、筋肉もなかなかつきにくいのです。

女性のボディービルダーさんっていらっしゃいますよね。

あれだけ引き締まったきれいな体は、少し運動したくらいではつくることができません。

個人で筋トレをしてムキムキになるになるのは、思ったよりも難しいんです。

それよりも、減ってしまって脂肪が燃えなくなる方に問題になります。

筋肉が減ると肌やエイジングに影響する

脂肪は放っておいてもなかなか減りませんが、筋肉の場合はそうではありません。

筋肉は使わないと減ってしまうため、運動を取り入れることが重要とされています。

筋肉の低下は代謝の低下。

前述のとおり、女性はもともと筋肉量が多くありません。

筋肉が減れば、太りやすい体づくりに貢献することになります。

また、筋肉の低下は姿勢を支える力を失うことでもあります。

姿勢が悪くなると肩がこったり、背中が曲がって老けて見えたり、お腹が出たりと基本いいことがありません。

さらに筋肉は貯水タンクの役目もあるので、少ないと貯水量も減ります。

水分が減ると、肌のハリやうるおいにも影響するようになります。

美容的な視点からも積極的なトレーニングが必要です。

女性だからこそ、この点が周りと差を付けるポイントにもなりえます。

筋トレは毎日しなくてもいい

筋トレの良いところは毎日しなくていいところです。

有酸素運動は脂肪を燃やす反面、毎日続けないと恩恵が薄いという側面があります。

一方、無酸素運動の場合は筋肉に負荷をかける分、休ませる必要があります。

毎日やるより1日、2日程度休ませて筋肉を修復させ、その後に筋トレ行うことが効率よく筋肉を増やす助けになります。

運動を毎日続けることは重要なことですが、運動が嫌いだったりするとストレスになってしまうこともあります。

苦痛になるとまず続きません。

「今日は疲れたしサボりたい…」という気分のときももちろんあります。

完全になくすのは無理ですが、いかにストレスを減らすかがダイエットの課題です。

筋トレは週3日でいい

筋トレをする場合、

毎日やらない

筋トレは週3回

自分ができる回数

でOKです。

毎日走るより、ちょっと心が楽です。

筋肉は使ったら休ませる時間が必要。

休ませることで使った筋肉を修復し、疲れをとる時間が効率よく筋肉を増やすポイント。

それに休まず毎日続けると、疲労や体を痛めて自然消滅パターンに入りやすくなります。

1、2日おきくらいで取り組むちょうどいいです。

ウォーキングより時短

ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動は、最低でも30分しないと効果は薄いと言われます。

それと比較すると、筋トレには時間の制約はありません。

少しやるだけでもプラスになるので、ちょとした空き時間でも大丈夫。

初めは少ない回数から。

最初に回数を多く始めるとその数が基準となるので、「多くやらなければ」という強迫観念にとらわれることもあります。

それに初めから飛ばし過ぎると、筋肉痛がいつもよりひどくなることがあります。

久しぶりの筋トレで調子に乗って回数を多くしたら、3週間ほど筋肉痛がおさまらなかったことがあります。

やり過ぎは痛いし、運動もストップしてしまうためほどほどが1番です。

また、慣れないうちは痛める原因にもなりやすいです。

最初は数回から始めて、少しづつ回数を増やすようにしましょう。

スクワットから始めてみる

筋トレを始めるならスクワットはいかがでしょう。

太ももの筋肉は体の中でも大きな筋肉。

この太ももの筋肉量を増やすことで、脂肪燃焼量の増加にもつながりますよ。

ほかにも以下のようなメリットがあります。

全身を鍛える

運動が楽になる

初心者でも取り組みやすい

スクワットは太もも以外にも、背中やお腹、おしり、足全体の筋肉も使います。

気になるお腹や背中の引き締め、おしりのたるみにも期待ができるトレーニングです。

他にもジョギングやエアロバイクなど、足を使った運動にもメリットがあります。

運動を始めたころは足がすぐに疲れてしまいますが、スクワットで足を鍛えることで歩いたり、走ったりするのが楽になってきます。

有酸素運動のウォームアップに数回するのもおすすめです。

また、腹筋や腕立て伏せなどは苦手な人も多いですが、スクワットは初心者でも比較的やりやすいトレーニング。

立位ででき、慣れないうちは壁や椅子の背もたれに手を置くことでフォームのサポートにもなります。

ここからチャレンジして、運動の幅を広げていくのもありです。

筋トレのタイミング

筋トレを行うなら、基本は食事と食事の間くらいがベストなタイミング。

理由は空腹時のトレーニングは、筋肉が減りやいという点があるからです。

また、食後は消化不良を起こしやすいというデメリットも。

でも食前、食後にしか運動できないこともありますよね。

その場合は軽く食べたり、食べすぎないなど調整するようにします。

また、1日の始めに筋トレをするのもおすすめです。

また、筋トレ後はたんぱく質をとりましょう。

たんぱく質をとることで、筋肉の疲労回復や筋肉量の増加につながります。

ダイエットでは敬遠されがちですが、糖質も少量とるようにすると◎。

牛乳や豆乳などを飲むのでもOKです。

おわりに

筋トレは筋骨隆々の人がジムでハードなトレーニングを行っているイメージがあります。

一見きつそうな筋トレですが、思ったよりも簡単です。

ボディメイクならともかく、やせる目的ならそこまでしなくても自分のペース・できる範囲で大丈夫です。

また今からダイエットで筋トレを始めようという場合は、体重が難点になることも。

その場合は、ある程度体重を落としてからの方が体を痛めにくくなります。

運動は慣れないうちは大変ですが、続けるうちにやりやすい方法が見つかったり、楽しさを感じるようにもなります。

また、ボディメイクや結果を確実に求める場合は、プライベートジムなどを頼る方が近道にです。

 

 

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>