ダイエット

キレイにやせるならオリーブオイル!選び方は?

最近ダイエットや美容におすすめのオイルがたくさん出てきましたよね。

オリーブオイルもその一つ。

良質なオリーブオイルは健康や美容を助けてくれるダイエットの味方。
血糖値を抑えたり美肌を作ったり、美の魅力がつまっています。

この効果をサポートしてくれるのが、高品質のオリーブオイルです。

<スポンサーリンク>
酸度0.2%!驚異の4時間絞りの高品質エクストラバージンオイル

オリーブオイルの効果とは

悪玉コレステロールを下げる

オリーブオイルは不飽和脂肪酸であるオレイン酸がとても豊富に含まれています。

オレイン酸は悪玉コレステロールを減らす助けをし、動脈硬化などにも期待されます。

油の酸化を防いで毒性を抑える

オレイン酸がたっぷり含まれているため、オリーブオイルは酸化しにくいところが魅力。

植物性の油は空気に触れたり、加熱したりすることで酸化しやすくなります。

油は酸化すると体に害をあたえるようになり、発がん性物質を出すことも。
また、見た目の老化にも影響を与えてしまいます。

それだけではありません。実は酸化は体内でも進むんです。

もちろんオリーブオイルも酸化はしますが、他の油よりも進行がスローペース。

酸化しにくいのが、美容や健康にうれしい理由なんですね。

血糖値を抑える

オリーブオイルは、パンなどの糖質といっしょに食べると血糖値の上昇を抑えることができるという研究もあるようです。

血糖値の上昇を抑制することで、脂肪がつきにくくなります。

美容を助ける

オリーブオイルに含まれるポリフェノールは、美白をサポートしてくれる成分。

ほかにも、年齢とともに減ってしまうコラーゲンを作る助けにもなります。

エイジングやお肌が気になる人にもうれしいオイルなんです。

オリーブオイルの取り方

良いからといってオリーブオイルも取りすぎは禁物。

油なのでカロリーがもちろんありますし、体も一度にたくさん処理しきれません。
残念ながら、とりすぎたものは脂肪になって体についてしまいます・・・。

オリーブオイルは1日あたり大さじ1杯~2杯程度を目安に。

上手にとって、ダイエットや美容に活用しましょう。

炒め物に使うのもいいですが、最後の仕上げやドレッシング代わりなど、あまり加熱しないほうがベスト。

風味が活きるし、成分も劣化しにくいですよ。

健康・美容利用ならオリーブオイルは質が命

今はいろんなメーカーのオリーブオイルが並んでいますよね。

買い物に行くと、売り場には「エクストラバージンオリーブオイル」と「ピュアオリーブオイル」の2種類が並んでいると思います。

エクストラバージンとピュアは品質が全然違うものなんです。

ピュアオリーブオイル

中品質と低品質のオリーブオイルを混ぜたものが、ピュアオリーブオイルです。
入っているオイルの割合は商品によるので、質を見分けるのは難しいですね。

オレイン酸はありますが、オリーブオイルの全体成分の質が低くなっています。

また、ピュアオリーブオイルは安価で購入できるのも特徴です。

独特の風味や香りが少なく、揚げ物や炒め物などサラダ油のように使用できます。

エクストラバージンオリーブオイル

一番搾りの中で最高品質のオリーブオイルを、エクストラバージンオリーブオイルといいます。
価格は高いのですが、香りや風味の豊さがピュアとの違いですね。

油の質や含まれる成分の質がとても良く、ここが健康に良いと評価されています。

ダイエット言う意味でもこの先の美容という意味でも、質の良いエクストラバージンを選びましょう。

ダイエットとしても選択するならこちら。

オリーブオイルをダイエットで活用する場合、そのまま飲むことが推奨されています。

なんでもいいという話も聞きますが、質が良くないと基本的にオリーブオイルの恩恵はかなり薄いです。

そもそもダイエットしてキレイになりたいのに、悪いものをとるなら逆方向に。

加熱ならピュアでもいいですが、生食ならエクストラバージンがベストです。

良いオリーブオイルの選び方

同じエクストラバージンオイルの中でも、高品質~低品質まであります。
でも質の良いものをボトルから見分けるのはプロでも至難の業なのだとか。

少しでも良質のエクストラバージンを選びたい!

より良いオイルを見分けるポイントをまとめてみましたので、目安にしてみてください。

・ボトル
遮光ビン・ボトルに入っている。オリーブオイルは紫外線に弱い。

・マーク
受賞のマークや認証マークがあるかどうか。品質の安心基準になる。

・酸度
酸度が0.8%以下。エクストラバージンは酸度が0.8%以下という基準がある。

・価格
安すぎるものは低品質のものが多いので目安になる。上記のポイントを確認。
安くて良いものもあるが、見分けるのが難しい。

酸度表記などはあまりあてにならないこともあるので、受賞マークが一番参考になるかもしれません。

辛いオリーブオイルは質が悪い?

「ピリピリするオリーブオイルは品質が悪い」

わたしは昔、誰かにこう言われたのですが、これは間違いだったようです。

オリーブオイルのもつピリッとした辛みは、ポリフェノールによるもの。
この辛みの強さはポリフェノールの含有量によって変わります。
多ければ多いほど辛く、少なければマイルドな味に。

ほかにも、オリーブオイルのポリフェノールには美容にうれしい効果が。
美白効果やお肌に大切なコラーゲンを作る助けをする大事な役割があるんです。

また認知症予防など健康面にも効果を発揮してくれるのだとか。

美容効果なら、辛いものを選ぶといいですね。

おわりに

オリーブオイルは地中海沿岸が発祥の地とされています。

一説によると、紀元前3500年ごろにはすでに誕生していて、使用されていたようです。
そのころ日本は縄文時代ぐらいでしょうか。
おいしくて体にいいから、現代まで伝わってきたのかもしれませんね。

サラダにかけたり、納豆にちょい足しするなど、調味料として使ってみてはいかがでしょう?

ちなみに、わたしはトーストに塩+ブラックペッパー+オリーブオイルが好きです。

上手に活用して、キレイにダイエットを成功させたいですね。