ダイエット

やせやすい食事の時間帯は?自分の食事タイミングの見つけ方

ダイエット中って食事にすごく気をつかいますよね。

量を気にしたり、好きなものをがまんしたり。

また、夕方6時までに食事をすませないと太る、などいろいろいわれます。

やせやすい時間やタイミングがあるなら活用したいけど、夕方6時までに食事とか無理な人もいます。

というか無理です。

規則正しく生活できるのが理想ではあるけれど、決まった時間に食事できなかったり、食べる時間がバラバラな人はどうすれば?

生活が不規則でもちゃんとタイミングはあります。

その見つけ方について書いていきます。

食事は体の1日のサイクルにあわせると太りにくい

体にも時間の感覚があり、朝昼夜でそれぞれ状態が異なります。

朝は眠りから覚めて活動を始めようとするところ、昼は活動時間真っただ中。

そして夜になるにつれ、眠りやすい状態になろうとします。

この1日の体の時間の中、いつ何を食べるかというもの太りやすさに関わわるもの。

よくいう寝る前に食事すると太るというのは、このサイクルが理由でもあります。

やせやすい食事の時間帯

食べても太りにくい時間は朝と昼。

朝も昼も活動する時間のため、食べたものがエネルギーに変わりやすいので太りにくい時間帯。

反対に夜になるにつれ体は眠る準備を始めます。

副交感神経が優位になってくると栄養も吸収されやすくなります。

さらに夜は活動しなくなるので脂肪として体に蓄積しやすくなるのです。

そのため太らない時間帯は朝と昼

ダイエット中、食べたいものがあるなら、この時間帯に食べるようにしましょう。

忙しくて食事が不規則で太るのは間隔に問題あり

ごはんの時間がいつも違う場合は、食事と食事の間を意識してみます。

食事で太る主な原因には、ドカ食い、食べすぎ、早食いの3つ。

実はこの3つは時間とも関係があります。

食事の間が空きすぎると太る

お腹がすいたときに食事をするのは自然なこと。

でもあまりにもすきすぎると、食べたい気持ちが強すぎてドカ食いしてしまいます。

また早くお腹を満たそうとするため、咀嚼回数も減り早食いになります。

さらに早食いになるので、脳が満腹の信号を出すまでに時間のロスが生まれ食べすぎてしまうことに。

見事な太る連係プレイになってしまうのです。

食間が短すぎても太る

じゃあ短ければいいのか、というとそうでもありません。

何かを食べると、内臓は消化、吸収という作業をしています。

食事の感覚が短いというのは、ずっとお腹に食べ物があるということ。

お腹の中では休むまもなく消化をしているため、胃腸に負担がかかります。

食事の消化に時間がかかり過ぎると、活動による代謝にも影響が出てくるため太りやすくなってしまうのです。

ダイエット中の食事の時間

大切なのは食事と食事の間の時間がどれくらい空いているかです。

短すぎても長すぎてもだめ。

食間は5~6時間程度は空けるようにします。

6時間以上は長すぎ、3時間などは短すぎます。

食事量やその日の体調によっても変わりますが、1つの目安にしてみましょう。

でも、食事の時間を前倒しにとったり、運悪く食べれなかったりもしますよね。

そういうときは、次の方法が助けになります。

時間が大きく空くときは間食

食事の時間が6時間以上空いてしまうときは間食を。

間食というとダイエットの敵のように感じますが、とり方次第では助けにもなります。

例えば正午にお昼を食べて19時ごろに食事をする場合は、夕方ごろに何か軽くつまんでおくことでドカ食いを防ぐ助けになります。

また間食をとる時間もないときは、夕食の1口目に気をつければ大丈夫です。

食べるときはまず野菜から。

お腹が空いているからといって、お肉やご飯を最初に食べるとドカ食いしやすくなってしまいます。

食べ方を工夫することで、お腹を落ち着かせて食べすぎをおさえます。

間食については以下の記事を詳細があります。

時間間隔が短いときは食事内容を軽くする

食事の感覚が短い場合は、軽くすませるようにしましょう。

例えば、朝の8時ごろに食べたけど前倒しで11時ごろにお昼を食べる場合。

このときの昼食は軽くおにぎり1個や野菜ジュースなど。お腹がすいていないなら、無理に食べる必要はありません。

もし、人と食事をするなら飲み物だけやサンドイッチなどの軽食を選ぶようにします。

こうして前倒しで食べる場合は次の食事間隔が長くなることが多いので、夕食は食べ方に気をつけます。

太るのは食べすぎもありますが、食べ方も問題の1つです。

食べるときは野菜から食べるようにします。

もし、前もって昼食が前倒しになるとわかっているなら、それに合わせて朝食を軽くしておきます。

おわりに

食事時間は仕事などで忙しいと、コントロールが難しいです。

最適な時間があっても、そのとおりのタイミングでとれないこともよくあります。

無理やりその通りにしようすると、ちょっと神経質になってイライラしやすくなるんですよね。

だからこそ、自分にあう食事の時間を調整する必要があります。

正しい方法は人それぞれ。

自分にあった方法を見つけて、きれいにやせたいですね。