ダイエット

「部分やせは無理」でもできること

前回の記事で記載した通り、現実問題として部分やせは無理です。

でも、まったく何もできないわけではありません。

諦めるのではなく、できるところからアプローチすることで結果として部分やせがついてきます。

今回は部分やせ方法についてご紹介します。

部分やせする前に脂肪を落とす

ある程度太っている場合、まずは体の脂肪を落とすところから始めます。

まず前提として特定の脂肪を落とすのは無理なため、減らすときは全身やせです。

この話の詳細は以下を参考にしてみてください。

全身がやせなければ気になる部分の脂肪も減りません。

それは避けようがないので、脂肪が多い場合はまず普通にダイエットしましょう。

それに、脂肪が多い状態で体を引き締めても変化がわかりづらいです。

もちろん、トレーニングを行うことは無駄ではありませんし、代謝が上がったり、脂肪が燃えたりして十分ダイエットの助けになります。

でも部分やせとして考えると、見た目の変化は分かりにくいです。

わたしの体感としても、筋トレを取り入れた方が体重も落ちやすいです。

でもお腹が気になるからといって、腹筋をしようがツイストをしようが、お腹だけがやせることはありませんでしたし、キュっと引き締まったと大声で言えるほどの見た目の変化はありませんでした。

それもそのはず。

脂肪が多ければ筋肉が隠れて見えないので、引き締めても変化がわかりにくいのです。

細く見せるには脂肪を落とし、筋肉が見える状態にしなければいけません。

ある程度脂肪が減って、初めて引き締めた成果が目に見えるようになります。

そのため部分やせを考えるよりも、脂肪を落とすことが必要になります。

人によっては全身の脂肪を落としただけで、目標とする体型になることもよくあることです。

脂肪を減らす部分やせをしたい場合は、体全体でやせることを考えましょう。

部分やせは筋トレ必須

体の引き締めは有酸素運動より無酸素運動です。

同じ運動と名がついてもそれぞれ目的がことなるので、筋肉を鍛えたり引き締めたりという場合は無酸素運動の筋トレです。

鍛えて細くなることもありますが、どちらかというと引き締めによって細く見せたり、体の筋肉のバランスを整えて全身をスラっと見せます

要するに、たるみをなくすことと視覚効果です。

同じウエストサイズでも、肉のたるみや体のバランス1つで細く見えたり太って見えたりします。

たとえば、わたしを含めて顔の大きさに悩む人は多いですが、実は顔の大きさ自体はあまり差がない場合が多いそうです。

それでも大きく見えたり小顔に見えるのは、全身または顔のパーツといったバランスと、たるみによって左右されているからです。

部分やせというのも、このたるみも含めた体全体のバランスを整えることにあります。

もともと持っている骨格や体型はどうにもなりませんが、それでもある程度の調整は自分でできます。

自撮りや鏡で全身をチェックしながらボディメイクしていきましょう。

部分やせは姿勢から

部分太りは姿勢の悪さが影響している場合が多々あります。

たとえばスマホ操作やPC作業など、長時間同じ態勢をとることで筋肉がこり固まり、動きが悪くなっていることがあげられます。

筋肉が硬くなると正しい姿勢をとるのがつらくなり、悪い姿勢が常態化してさらに負担がかかるようになります。

筋肉がこり固まれば血流が悪くなって脂肪がつきやすくなったり、一部の筋肉が張ってゴツく見えることもあります。

また、負担が大きい筋肉がある一方で使われなくなる筋肉があり、使用頻度の低い方の筋肉量が減少してたるみにつながるようになります。

これらがむくんだり、部分太りの要因にもなります。

もともと女性は出産などのために下半身に脂肪がつきやすい傾向がありますが、姿勢が悪かったり、足の筋肉がうまく使えていないために肉がたるんで下半身太りがひどくなっていることがあります。

そのため、筋トレをして筋肉を鍛えることはもちろん、ストレッチやマッサージ、エステなどでこり固まった筋肉をほぐしてあげる必要があります。

固まっていた筋肉がほぐれて血流もスムーズになれば、体も本来の状態にもどるため結果的に部分やせすることができます。

体をほぐせば姿勢はもちろん、血流もよくなり、必要な栄養や不用な老廃物がスムーズに流れて代謝もよくなります。

姿勢などが悪いと感じる場合は、脂肪を落とす段階から意識して取り組んでおくことで比較的スムーズに部分やせできます。

<スポンサーリンク>
エステ体験で目指せ!合計-8cmやせる【エルセーヌ】

続けられる人間だけが部分痩せできる

特定脂肪を減らす、という意味では部分やせは無理です。

ですが、ボディメイクという意味の部分やせならできます。

体を引き締めたり、姿勢を整えたりして、ボディバランスやパーツを美しく細く魅せるのが部分やせになります。

ハッキリ言って部分やせは地味な作業です。

地味ですがコツコツ取り組むことで、成果が見えるようになってきます。

続けることができれば、なりたい体型に近づくことができます。

ただ、ボディメイクは専門知識がないと上手くいかないことも多く、1人でやるには限界を感じることもあります。

余裕がある場合は、専属トレーナーのつくジムを利用する方が簡単で確実です。

1歩ずつ取り組んでいきましょう。

<スポンサーリンク>
ひとりではできなかった?[ライザップ]他のジムとはここが違う。