デトックス

腸活できるお茶、碁石茶でスッキリ

腸活はダイエットにおける大きな課題。

いくら運動をしようと食事制限をしようと、体の中身がキレイでなければ成果がなかなか出てきてくれません。

ニキビができたり肌が荒れたり、コンディション最悪。

メイクも最悪で朝からストレスがたまります。

ヨーグルトがいいというけれど、乳酸菌のほとんどが死滅するというので微妙なところです。

そんなときに碁石茶をお土産で頂いたのですが、これがすごく良かったのでちょっとご紹介させていただきます。

碁石茶はお茶なのに乳酸菌がたっぷりで体のリフレッシュにもってこいです。

乳酸菌たっぷりで体スッキリ!碁石茶とは

碁石茶とは高知県の長岡郡大豊町という所で作られているお茶。

なんでも製造工程で天日干しする際に並べている様子が黒い碁石のように見えたため、ここから碁石茶という名前がついたようです。

碁石茶のすごいところは乳酸菌!

その乳酸菌量はヨーグルトの200倍ともいわれます。

日本ではかなり珍しい作り方をしているお茶で、乳酸発酵をして作られているんです。

だから、お茶に乳酸菌がたくさん含まれているんですね。

さらに碁石茶は熱にも強いというのが大きなメリット。

腸活にはうれしいお茶です。

他のお茶と全然ちがう!碁石茶に乳酸菌が多い理由

発酵といえば紅茶やウーロン茶も茶葉を発酵させて作るのですが、碁石茶の発酵はちょっと違います。

紅茶などは酸化発酵といい、茶葉を酸化させて茶葉自身の酵素の力で発酵をさせます。

一方の碁石茶は後発酵といって、カビを茶葉につけて乳酸により発酵させるという独特の製法。

同じ後発酵茶ではプーアル茶もありますが、碁石茶の乳酸菌量はその約23倍ともいわれています。

日本茶はそのほとんどが不発酵茶。

フレッシュな茶葉の味わいが特徴です。

碁石茶のような後発酵茶とても珍しく、「幻のお茶」とも呼ばれているのだとか。

そんなすごいお茶だったんですね碁石茶って。

熱にも強い碁石茶の乳酸菌

乳酸菌といえば「熱に弱い」「胃酸に弱い」ため、体の中に入ってもほとんどが死滅してしまうといわれます。

熱にも酸にも強いのが碁石茶の乳酸菌の魅力。

乳酸菌には種類があり、ザックリ分けると動物性乳酸菌と植物性乳酸菌があります。

動物性乳酸菌とはチーズやヨーグルトなどその名の通り、動物由来の発酵食品に多く含まれています。

一方の植物性乳酸菌とは、植物由来。

たとえば納豆やお味噌、漬物でいうならキムチが有名ですね。

この2種類の乳酸菌のうち、熱や酸に強いのは植物由来の乳酸菌。

植物性乳酸菌は発酵しにくい環境で地道に菌を増やしていきます。

地道な努力はダイエットにも美容にも大事なことですよね。

だから、動物由来の乳酸菌よりも熱や酸に強いのです。

碁石茶の乳酸菌は植物性乳酸菌。

お茶は熱いお湯を使うから乳酸菌が死んでしまいそうで不安でしたが、これなら安心できそうです。

いいこといっぱい碁石茶

碁石茶にはお通じ以外にも、良いことが。

コレステロール

代謝

ストレス緩和

など、これらの助けにもなってくれるのです。

ダイエットのお供としてもよさそうです。

碁石茶の購入はやっぱり現地?

碁石茶ってどこで買えるんだろう?と思って、その辺のお店を見てみたけれどありませんでした。

やっぱり購入するなら現地でしょうね。

高知県から遠く離れるとほぼ売っていません。

というか今まで知らなかったので、少なくともわたしの身辺で碁石茶は売ってないです。

もしかすると、お茶専門店ならあるかもしれませんが…。

でも探すのも大変だし、それだけを買いに高知県へ頻繁に通うには時間とお金がかかります。

なので通販とかで碁石茶が売っていないかなぁと調べてみると、売ってました。

身近では買えないけど、ネットショッピングだったら購入できます。

知人によると高知県、良いところだったみたいなので、いつか現地に行って買ってみたいです。

お試しならティーバッグタイプ

碁石茶を全部飲めるか不安という場合は、わたしが頂いた6袋のティーバッグタイプがおすすめです。

合わなかったとしても6袋なのでたくさん残らないし、飲み切りやすい数だと思います。

調べると大袋タイプもあったので、碁石茶をボトルに入れたりして飲もうと思う場合は大袋がよさそう。

ティーバッグタイプなら、Amazonであわせ買いするとちょっとお安く購入できます。

Amazonで碁石茶を見てみる

碁石茶ってどんな味?実際に飲んでみた

というわけで、碁石茶を頂きました。

今回貰うまでは存在すら知らなかったお茶。

それがこちら↓

最初に貰ったときは黒豆が入ってるのかなと思いました。

碁石茶ティーバッグ×6袋入りです。

お試しにはちょうどいい感じの量です。

パッケージのザルに乗ってるのが、粉末になる前の碁石茶の茶葉ですね。

乾燥させるために並べた茶葉が碁石のように見えるから「碁石茶」という名前になったそうです。

碁石!

というよりザルに盛ってあるから、ちょっと塩昆布っぽい感じもします。

箱の中身はこんな感じです。

品質を保つに遮光は大切。

パックはきっちり遮光されてます。

並べてるのは3袋だけですが、全部で6袋入っています。

開けるとふわっと酸味のある香りが立ち上ります。

まさに乳酸菌の香り。

これが碁石茶の匂いかぁ。

匂いからすでに体によさそうな感じがします。

酸味以外では何だろう…生薬?プルーン?っていう感じの香りです。

……やっぱりプルーンかもしれない。

こんな感じでティーバッグが入っています。

普通にティーバッグ。

ホッチキスで留めてあるものもよくありますが、こちらはホッチキスレス。

電子レンジも大丈夫ですね。

気になる色や味、香りは?

お湯を沸かして、いざカップに注ぎます。

こんな感じに碁石茶ができあがりました。

碁石茶の色はほうじ茶やルイボスティーみたいな赤みのあるお茶です。

湯気と一緒に立ち上る香りは、パックを開けたときのプルーンの香り。

飲みなれた麦茶やほうじ茶とは違う香りです。

嗅ぎなれないけれど、酸味と一緒に少し華やかさも感じます。

肝心の碁石茶の味なのですが、香りからくるすっぱさとは違ってあまり酸味は感じません。

かなりマイルド。

ローズヒップティーの方が余裕ですっぱいくらいです。

香りと同じく、味もプルーンのよう。

やさしい味でほっと一息つきたいときにも活躍してくれそうです。

ただ、好みは分かれるかもしれないですね。

慣れ親しんだ味ではないから、人によってはまずく感じたりするかもしれません。

一般的な日本茶以外のお茶、ウコン茶やルイボスティー、その他ハーブティーなどが大丈夫だったら多分飲めるんじゃないかと思います。

ここ最近、仕事のストレスか出ない日が続いていましたが、ちょうど飲んだ日の夜に4日ぶりに出てくれたので、もしかして碁石茶が…?と思ったり。

たまたま良いタイミングだったのかもしれませんが、それでも乳酸菌が簡単にとれるのはありがたい。

植物性乳酸菌がいいとは知っていたけれど、個人的には動物性より取りにくいと感じていました。

なので今回の碁石茶はうれしい発見です。

苦みや渋みもないから飲みやすいし、ほんのり甘みが感じられてわたしは好きなお茶です。

休憩のティータイムにもよさそう。

腸活にもいいけど、普通においしいので常飲にしようかな。

碁石茶で腸活してスッキリボディを目指そう

世の中にはまだまだいろんなお茶があるんですね。

手軽に乳酸菌が取れるお茶を知れたので、すごくありがたかったです。

お土産ありがとうSさん!

碁石茶でしっかり腸活して、美肌&やせ体質をゲットしたいと思います。

飲み方としては、

●急須で淹れる

●お湯で煮出す

ティーバッグで煮だしはちょっと厳しいので、急須やカップに直接お湯を注いで頂きます。

碁石茶の焼酎割りもおいしいみたいですよ。

飲むタイミングはとくに気にせず、いつものお茶のかわりで問題ありません。

ただ、碁石茶もお茶なので一応カフェインが入っています。

緑茶の1/4程度なのですが、それでもやっぱり入っているので寝る前は避けた方がいいですね。

お腹にお子さんがいらっしゃると気になるのがカフェイン。
碁石茶は一般的な緑茶と比べると少なめではありますが、やっぱり気になるところです。
念のため、妊娠中・授乳中に飲むのは避けるか、お医者さんと相談するのがベストです。

きれいになるには腸活は必須項目

デトックスのなかでも腸の役割はとても大きいです。

汗や尿など、いろんなところから老廃物を出すことができますが、便はその75%を占めると言われます。

つまるところ、デトックスを攻略するには腸内環境を整えることが必須というわけです。

老廃物の厄介なところは、体を巡るところです。

溜まった老廃物はそこから毒素を出すようになり、血液などを介して体中に広がっていきます。

それが代謝を下げて太りやすくしたり、肌のターンオーバーを妨げたり、ニキビを作ってみたりと様々なトラブルを引き起こすもとになるのです。

また、腸内環境が悪ければ体臭にも影響をします。

そうならないためには、出すものを出してお腹をクリーンに保つことが重要となってくるのです。

碁石茶はその助けになってくれます。

手軽に乳酸菌をとって腸から美人に

正直なところ、お茶で乳酸菌をとるというのは、かなり手軽で簡単な腸活方法です。

職場にキムチなんか持っていけないし、食べれば口臭がすごいことになります。

喋るたびに口からキムチ………Oh…。

ヨーグルトもお昼に気軽に買いに行けるならいいのですが、そうでない場合は持ち運べるものではありません。

その点お茶なら、そういう心配はありません。

水筒に入れて持っていけば、いつでも乳酸菌がとれるのですごい便利。

いつでも腸活ができます。

美容はお腹が命。

しっかり腸活して、パンツをスッキリ履きこなしたいですね。

碁石茶の詳細はこちら