ダイエット

食前と食後どっちがベスト?もう悩まない運動タイミング

「運動は食後と食前どっちがいいんだろう?」「やせるのはどっち?」

どうせやるなら効率よく運動したいですよね。
この運動タイミングの答えは、自分の運動目的で選ぶのがベスト。

食前と食後では運動の相性やアプローチが変わってくるので、「何のために運動するのか」が選択の分かれ道になります。

やせるなら食前、ボディメイクなら食後

好きなときに運動するのもいいけれど、効率よくダイエットするなら食前

筋肉・体型づくりなら食後がおすすめのタイミングです。

食前は脂肪が燃えやすく、反対に食後は体のパフォーマンスが上がるので筋肉をつけるのに良いとされています。

運動タイミングで迷うのは、どっちもメリット・デメリットがあるからです。

良いところ・悪いところを知れば、自分の運動する目的にあったタイミングがわかるようになります。

運動で使うエネルギーの正体とは

そもそも体を動かすには、車や家電のようにエネルギーが必要です。

わたしたちは人間なのでガソリンや電気ではなく、糖をエネルギーとして使っています。
運動するときは、体内の糖がたくさん使われているんです。

わたしたちが空腹・満腹を感じるのはこの糖によるもの。

血中の糖の量が多いか少ないかで、脳が「お腹空いたよー」という判断をしているんです。

この「糖が少ないとき=血糖値が低い状態」が食前になります。

食前は脂肪が分解される

食前の運動は使える糖が少ない、エネルギーが足りない状態です。
でも体を動かすためには、エネルギーが必要。

じゃあどこから捻出してくるのかというと、脂肪からつくるのです

血糖値が低いときは、脂肪を分解して糖に変換し、エネルギーを補います。

そのため、やせいたいというダイエット目的なら、脂肪が減りやすい食前の運動がおすすめです。

一方、この食前の運動で使われるのは脂肪だけではありません。
体のたんぱく質も分解して糖に変換、エネルギーにするんです。

食後は筋肉を減らさず増やす

たんぱく質のかたまりともいえるのが筋肉。

筋肉を分解することにより筋肉量が減るため、食前の運動は悪いと敬遠されている面もあります。

この減少量は、わたしたち一般の人間が普通に生活する分には問題がない程度の様子。

でも、せっかく筋肉を増やそうとしているのに減ってしまっては元も子もありません。
ただでさえ女性は筋肉がつきにくいので、増やす目的ならマイナスに。

そうならないためには食事をして、糖を補給する必要があります。

食事は糖だけでなく、様々な栄養を補給できます。
すると体の運動パフォーマンスが上がるので、ハードな運動も安心して取り組めるんです。

筋肉を減らす心配もなく、激しい運動もできる万全の状態が食後。
ボディメイク・筋肉を増やす目的なら、体の整った食後がおすすめです。

食前と食後、トレーニングするなら

食前は脂肪が燃える有酸素運動

とくに食前の運動でおすすめなのは、軽いジョギングやウォーキングなどの有酸素運動です。

有酸素運動は酸素をたくさん使って脂肪を燃やす運動。

ムダお肉を減らしたい、ダイエットしたい方におすすめです。

ただ、エネルギーがどれだけ使われるかは運動量にもよります。

脂肪が燃え始めるのは20分後からといわれるので、最低30分程度はする方がおすすめ。

ですが、有酸素運動は継続できなければ意味がありません。

最初のころは20分じゃなくてもいいので、毎日続けることを大切にしてくださいね。

だんだん慣れてきてから、時間を延ばしていくのが継続のコツです。

食後は無酸素運動がボディメイクに活躍

ハードな運動ができる食後は筋トレがおすすめ。

筋肉を減らすこともなく、しっかりトレーニングができるの筋トレにぴったりのタイミング。

有酸素運動も筋肉を使いますが、効率よく筋肉をつけたいなら無酸素運動の筋トレです。

また、たるみは筋力の低下によるもの。ウエストのくびれも筋肉なしではつくれません。

引き締まったボディを手に入れるなら、筋トレを意識してみてくださいね。

成功は安全とイコール

運動を効率的に行うためには、安全にというのが大前提です。

体を壊しては意味がありませんからね。

それに健康を損なえば、せっかく始めた運動も挫折のきっかけになります。

食前・食後ともに、健康やケガに気を付けて行いましょう。

食前に行う場合、個人でやるなら軽い運動を。

糖が少ない状態で全力で運動すると、めまいや倒れることもあります。

毎日自分の体調とも相談して取り組んでくださいね。

食後に行うときは、消化不良に注意。

ごはんを食べてすぐに行う場合、体は食事の消化にエネルギーを集中させています。
そこでトレーニングを行うと、エネルギーを運動にも回さなくてはいけません。

そのため消化がスムーズに行われず、胃腸に負担をかけてしまうことに。

運動は食べてから最低1時間はたってから行うのがベスト。

食後すぐに行う場合は、食べすぎないようにしましょう。
お腹いっぱいではなく、腹八分目くらいでほどほどに。

どっちも運動後は栄養補給しないと意味なし

運動した後は水分とエネルギーの補給が重要。

食前はもちろん、食後もここを怠るとせっかくの運動も半減します。

トレーニングの後で大切なのは、たんぱく質。

お肉や魚、大豆などしっかりたんぱく質をとって、使った筋肉を修復させてあげましょう。

食後に運動したなら、牛乳や豆乳でもOK。

筋肉のためには糖質も少量とってあげましょう。

また人間の体はほぼ水分。

汗で流れたぶん水を補給しないと血液の流れが悪くなり、代謝の低下や美容にも関わります。

しっかり水分補給を。

体のケアが決め手

有酸素運動、筋トレ、どちらも目的は違えど筋肉を使います。

使った筋肉はケアしてあげることで、代謝を上げてダイエットを後押ししてくれるんです。

ストレッチはやわらかく、しなやかなボディをつくる助けになります。
血流もよくなるので、美容にもおすすめです。

できれば運動後にストレッチをして、筋肉を労わってあげましょう。
就寝前もおすすめ。1日がんばった体をリセットしてくれますよ。

おわりに

ダイエットはどうしても結果を急いでしまうけど、あせりは禁物。

食前で脂肪をある程度へらしたら、食後の運動にシフトしてボディメイクをしていくのがおすすめ。
体のたるみは筋肉でしか解消できないので、体型へのアプローチは筋トレが一番です。

太るのは簡単だけど、やせるのは大変。でもまずは行動しないと始まりません。

たまには息抜きしつつ、自分のペースを大事に進めていきたいですね。