デトックス

半身浴で汗をかかない人が汗をかく方法

半身浴がいいと聞いて始めたけど、全然汗をかかない…。

「ダラダラ汗かいて気持ちいい」と知り合いはいうのですが、湯気の水滴が肌につくだけ。

そんな状態が続くと、効いているのか何なのか不安になってきますよね。

今回は半身浴で汗をかきやすくする方法をご紹介します。

半身浴で汗がかけないのは機能が低下しているから

そもそも半身浴で汗をかかないということは、汗自体をかきにくくなっている可能性があります。

汗をかく機能が低下してしまっているので、なかなか汗が出せないんです。

体には汗をかく汗腺というものがあるのですが、これは使わないとどんどん衰えていきます。

その結果、汗が出にくくなってしまうのです。

エアコンなどで年中快適な温度で暮らせるようになったため、汗をかく機会が減ったことが要因の1つとされています。

汗をかかないから、かけなくなるんですね。

半身浴で汗をかけないのも、機能低下が考えられます。

そこで、あらかじめ準備をして汗をかきすい環境を作ってあげる必要があるのです。

汗をかきやすくするための半身浴準備

入浴前の水分補給

汗をかくにはまず水分。

体の水分が汗として出ているので、水が足りていないと汗がかけません。

だからこそ水分補給が大切なんです。

半身浴を始める前には必ず水分補給を。

でも、もう少し汗をかきやすくするには生姜湯がおすすめ。

生姜は体を温めてくれるため、寒い冬や冷え性にもうれしいアイテムです。

また、温かい飲み物は体を温めてくれます。

そのため、汗が出やすいよう体を整えるのに生姜湯がピッタリなんです。

お湯の温度

半身浴のお湯の温度といえば38℃から40℃くらいがいいと言われます。

汗を出しやすくするには、温度が大切。

お湯の温度を40℃くらいにしてみましょう。

暑い部屋のサウナと同じで、お湯の温度を上げて汗を出しやすくします。

40℃と提示しましたが、お湯の温度は自分が少し熱いかなというくらいがベスト。

あまり熱すぎると体の負担になるので、40度前後にとどめるのがおすすめです。

室温を上げる

浴室が寒いと体も冷えて、なかなか汗が出てきませんよね。

夏はともかく、冬場は服を脱ぐのもつらいです。

お風呂が寒いなというときは、浴室暖房などで室温をあげるようにしましょう。

部屋が暖まれば体も温まりやすく、汗をかきやすくなります。

暖房がない場合は、シャワーなどでお湯を室内にまくだけでもOK。

何もしないのとではずいぶん違いますよ。

首を温める

汗をかかないなと感じるなら首の温め。

首といえば冬の防寒でも定番の箇所ですよね。

ここを温めることで全身も温まるようになり、半身浴での発汗を助けてくれます。

首を温めるグッズでも、レンジであっためた塗れタオルを首に巻くのでも大丈夫。

また、浴室でかけ湯やシャワーで首を温めるのでもOKです。

かけ湯などをした後はタオルで上半身の水滴を拭いておきましょう。

体が濡れていると体が冷えてしまうので、タオルドライが汗を出しやすくするコツになります。

半身浴で汗をかく入り方

さらに汗を出しやすくするには、湯船につかるときもチェック。

汗は体を温めることで出てくるので、熱を逃がさないようにするのがポイントです。

上半身を冷やさない

半身浴をしていると、肩が冷たいなと感じることはありませんか?

湯船につかっているところはあったかいけれど、むき出しの上半身は冷たくて温まらない…。

この上半身の冷えが汗を出にくくしているのです。

体が温まらないと汗は出てくれません。

だからこそ上半身を冷やさないようにする工夫が必要です。

そこでタオルの出番。

半身浴をするときは、体が冷えないように肩を覆うように乾いたタオルをかけておきましょう。

こうすることで冷えを防ぎ、体を温めやすくします。

たかがタオルと思うかもしれませんが、ないのとあるのとでは冷え方が違います。

また上半身が濡れているのも、冷えにつながります。

半身浴をするときは、湯船につかっていない部分の水滴をしっかりタオルで拭くようにしておきましょう。

そうしないと、せっかくのタオル保温も効果が半減してしまいます。

乾いた体に乾いたタオルで、汗をかきやすい状態をつくります。

手までつかる

案外、手って出してることが多かったりする部分。

20分、30分お風呂につかっていると結構時間が長いんですよね。

雑誌を広げたり、スマホを見たりいろんなヒマの潰し方があるけれど、そのとき手は湯船の外に出ていませんか?

実をいうと、手のひらは神経がたくさん通っていて全身の温めにつながる大事なところ。

手を外に出してしまうのはもったいないんです。

汗を出しやすくするなら、手をしっかり湯船につける方がかきやすくなります。

ただ、手が使えないので雑誌をめくったりはできなくなってしまいます。

退屈でしょうがない場合は、浴室用のトレーなどお風呂グッズを活用してみるのもおすすめ。

飲み物などいろいろ置けて、タブレットやスマホを立てらるところが超便利。

動画を見ながらなら退屈を感じるどころか、うっかり入り過ぎてしまうことも。

ゆったり優雅に過ごせます。

お風呂の熱を逃がさない

時間が経つにつれ、お湯の温度はどうしても下がってしまうもの。

熱が下がれば、体の温度も上がりにくくなるので汗にも影響が出てしまいます。

だからこそ、お風呂のお湯の温度をできるだけ下げないようにする必要があります。

例えばお風呂のフタ。

邪魔なときもありますが、お湯を冷めにくくする効果があります。

汗をかかないと感じる場合、半身浴中にこのフタを顔が出せるくらいに締めて熱を逃がさないようにしましょう。

今は自動保温機能がついているお風呂も多いですよね。

温度が下がるからお湯を沸かして保温してくれるというのが自動保温機能。

お風呂のフタは熱をさらに逃げにくくするのに役立ちます。

また、フタをしめることで、お湯だけではなく水面からフタの間にできた空間に熱がこもって汗をかきやすくなります。

フタがない場合は体を冷やさないようタオルをしっかり肩にかけるか、お風呂用のポンチョを使って体を冷やさないようにしましょう。

いきなり汗が出るようにはならない

半身浴はドバドバ汗が出るのを期待するのですが、実際はなかなかそうはいきません。

汗が出にくくなってしまっている場合はとくに難しいです。

残念ながら、短時間でたくさん汗が出るようになるには時間がかかります。

だからこそ汗をかけるように毎日の積み重ねが大切です。

「全然汗がかけない」といってそこで終わってしまうと、もっと汗をかかなくなってしまいます。

汗というのは直接やせることには結び付きませんが、やせやすくなるための1つのバロメーター。

最初は焦らず体を温めることを第1に考え、体を温める環境を整えてあげましょう。

侮れない入浴剤のパワー

入浴剤ごときと思うかもしれませんが、案外バカにできるものではありません。

お風呂にいれるだけで、体を温めたり汗を出しやすくしてくれるものもあるのです。

発汗をうながすという点では、バスソルトや生姜、唐辛子成分が入ったものが主になります。

また岩盤浴などでもよく聞くゲルマニウムの入った入浴剤も、じんわり汗をかく助けになってくれます。

汗をかきにくいなと感じる場合は、入浴剤の活用を視野に入れてみるのもいいと思います。

リラックスや美容としてもおすすめです。

参考までに個人的に良かったものを3つほどご紹介します。

イルコルポ ミネラルバスパウダー

とにかく汗をかきたい!というときはコレ。

体を温めてじんわり汗を出してくれます。

自宅でタラソテラピーを気軽に楽しめるというのが売りの入浴剤です。

タラソとは海を眺めたり海水に入ったりすることで、体を整えようというもの。

フランスが発祥の海洋療法のようです。

治療は知らないけれど、エステでは聞いたことがあります。

「海」ということで、海塩をはじめミネラルが豊富。

香りも海を意識している感じです。

半身浴しても汗が出なかったんですが、これを入れるといつもより汗が出やすいんです。

もともと代謝がいい知人は汗ダラダラだそうです。

うらやましい。

でも汗をかきにくかったけど、続けていくと短時間でたくさんかけるようになってきました。

今はガンガン流れてスッキリします。

ちょっとお値段が高いのが難点ですが、汗をかくにはもってこいです。

気合を入れて汗をかきたい!というときに活躍してくれます。

ナチュラシック アロマバスソルト

天然成分ならナチュラシック。

使われている塩は天然の岩塩でミネラルたっぷり。

じわっと体を温めて発汗を促してくれます。

防腐剤や酸化防止剤、着色料などの使用はされていないので、体に優しいバスソルトです。

天然というのもうれしいのですが、とにかく香りがいいのが特徴。

人工的な香料ではなく天然精油を使用しているので、ふわっと自然な香りでなんだかほっとするんです。

1日の終わりに贅沢な香りに包まれて、ちょっとリッチな気分。

香りのおかげか、ちょっと寝つきがよくなるので眠れないときにもいい感じです。

なによりパッケージのデザインがかわいくてオシャレなんですよ。

シンプルなのにセンスが良いデザインで、女性へのプレゼントとしても喜ばれます。

ホワイトデーやちょっとしたお返しにもぴったりです。

シークリスタルス エプソムソルト

ここまでナトリウム系でしたが、こちらは硫酸マグネシウムの入浴剤です。

ソルトとついているけれど、実は塩ではないという。

塩に似ているからソルトというようです。

硫酸と聞くと怖いように思うけれど大丈夫。

にがりなどにも含まれているものなので、安心して使用できます。

塩ではないけれど、体を温めて汗を出しやすくしてくれます。

体にもいいけれど、お肌にも良いところが特徴です。

入れるとなんだかお湯がやわらかい。

なんだか肌がスルっとして、すべすべした感じがするんです。

湯船に顔をつけたらきれいになる気がして、よく顔をつけてます。

無臭なので香りのあるものが苦手だったり、ナトリウム系が苦手な場合はおすすめです。

じんわり汗を出すところからはじめよう

汗を出すって意外と難しい。

話を聞いているとダラダラ汗をかくイメージが浮かぶのですが、自分がやってみるとそうはならないんですよね。

思ったより寒くて、汗をかく気配が全くなかったりするのもよくあること。

最初に浮かんだイメージのせいで汗が出ないとガッカリするけど、今はそれが現実です。

毎日繰り返していくことで汗腺が鍛えられて、少しずつ汗がをかけるようになっていきます。

でも、やっぱり汗がかけないと焦るし不安になります。

だからこそ、汗をかきやすい環境を整えることが必要です。

じんわりでもいいので、まずは汗をかけるようになるところから始めていきましょう。

もちろん水分補給は忘れずに。