ダイエット

置き換えダイエットは夜が効果的な理由

せっかく置き換えダイエットをするなら、やっぱり効果の出やすい方法を選びたいです。

調べると、「朝がいい」「昼の方がいい」といろいろ出てきて迷いますが、効果を最優先するなら夜しかありません。

なぜなら夜は置き換えをするのに最適なタイミングだからです。

今回は夜の置き換えダイエットとその食事内容についてご紹介していきます。

夜は太りやすい時間だから

1日の食事のうちで太りやすいタイミングは夜と言われます。

その理由は体の体内時計が関係しているのです。

日が昇って沈むように、人間の体にも1日のリズムがあるのはご存知でしょうか。

体内時計は光とともに体が目覚め、昼に向かって活動状態になり、日没に近づくにつれ休息状態に移行していきます。

そのためエネルギーの消費量は昼ごろが1番大きく、夜が最も消費が低くなります。

実は朝もエネルギー消費が低いのですが、活動するため徐々に消費が増えていくため夜とは少し状況が異なります。

一方、夜はあとは休むだけなので、エネルギーの消費は減少していくだけ。

晩ごはんを食べるころは、体が休むモードになりつつあるのでエネルギー消費が落ちていくタイミングです。

つまり体の燃費が悪い夜に置き換えることで摂取カロリーを減らし、脂肪にならないようにするのです。

夜、食べ物が体に留まるデメリット

体内時計も関係していますが、食べたものが体に留まっていることも影響します。

夜は眠って体を休ませる時間。

睡眠中はエネルギーの消費が少ないので、食べたものが脂肪になりやすい状態です。

そう考えると、胃に食べ物が入っているのはあまり良くありません。

また、寝ている間は、昼間に体を使った分修復などをしているタイミング。

体の調整時間に胃に食物があると消化に手を割かれて十分調整できないほか、消化作業が中途半端になることもあります。

この体の調整不足や消化不良が内臓への負担になり、代謝を悪くするなどといったことに影響し太りやすくなるのです。

「最低寝る3時間前までに食事を済ませるように」というのはこういう理由から。

ただ、消化時間は個人差や食べ物にもよるので、3時間でも不十分なことはあります。

できるだけ消化の負担を軽くするためにも夜が最適です。

置き換えダイエットするなら夜がいいもう1つの理由

以上を踏まえると、夜に置き換える方がダイエットのメリットが大きくなります。

本来置き換えダイエットは、1食を低カロリーのものに置き換えて1日の摂取カロリーを抑えるというものです。

夜の置き換えはの場合、他の時間帯と比べて内臓を休ませる時間がしっかりとれるというのがポイント。

この内臓を休ませることというのが、やせるうえでも体のためにも大切な時間になります。

今はいつでも簡単に食べ物が手に入るので、内臓を休める時間は短くなっています。

朝は体が起きる時間でもありますが、デトックスの時間。

夜の間に体が整えて、朝に余計な物を出そうとするタイミングです。

消化器官が十分休めないと、腸の動きも悪くなるので便秘や下痢などにも影響します。

きちんと老廃物を出せないと、ダイエットの成果も出にくくなります。

夜、就寝から起床までしっかり内臓を休め、しっかり体を整えてやせやすくする、というのが他の時間帯との大きな違いです。

そのため、置き換えダイエットをするなら夜がベストタイミングになります。

夜に置き換えするときの朝・昼のメニューは?

ダイエットは食べすぎはも当然として、食べなさすぎもやせにくさにつながります。

1日の体のリズムとしては朝がデトックス、昼が活動なので、それぞれの状態に適したものを食べるのが最適です。

たとえば朝の場合は、デトックスのタイミングなので食物繊維の多い野菜や海藻を中心に。

さらに、たまごなどのたんぱく質をとるのがおすすめです。

ヨーグルトや納豆などの発酵食品や乳酸菌の多い食べ物も排泄の助けになります。

昼は活動の時間帯で1番消費エネルギーが多いため、食べたいものがあるならこのタイミングが最適です。

基本はたんぱく質をしっかりとりつつ野菜を。バランスよくとるのがベストです。

もし、ごはんなど糖質類が取りたい場合もこの時間帯がいいですね。

夜の置き換えはドリンクがおすすめ

置き換えにはいろんなものがありますが、できればドリンク系がいいかと思います。

ドリンクのメリットは、固形物より内臓の負担が少ないこと。

夜は寝るだけなので、体の負担を考えるならドリンク方が軽くすみます。

また、夜にドリンクを取り入れることでプチ断食の要素が加わるため、内臓を休ませやすくなります。

青汁、プロテイン、いろいろありますが、個人的には酵素ドリンクが満足感がありました。

夜の置き換えで効率よくダイエット

さらに効果を高めようと思う場合は、運動を取り入れるのがおすすめ。

ダイエットは筋肉が落ちやすいため、軽くでもトレーニングをして筋肉を維持するのがやせやすさにつながります。

ウォーキング、ストレッチ、筋トレ、ヨガなど、何でもいいので自分がやりやすいものにチャレンジしてみましょう。

夜は置き換えにピッタリのタイミングです。

しっかり取り組めば、結果が出やすい方法かなと思います。

短期で置き換えをする場合は、朝と昼に糖質の食べ物を抜くのもアリです。

目標を決めて、理想の体を目指しましょう。