ダイエット

仕事中でも簡単。お腹をへこませてぽっこり解消ついでに姿勢もキレイに

服の上からもわかるぽっこりお腹・・・。

トレーニングがいいとわかっていても、忙しいとなかなか時間がとれないこともありますよね。

仕事中・家事中でもできる簡単なトレーニング?をご紹介します。

お腹をへこませるだけでスッキリ

やり方は簡単。
普段の日常生活でお腹を自発的にへこませます。

ウエストのきついパンツをはくとき、お腹をへこませてチャックを上げませんか?
あのへこませた状態をできるだけキープして生活をします。

たったこれだけなんですが、お腹周りの筋肉を使うのでウエストの引き締めてくれるんです。

運動と聞くとちょっと大変そうだけど、これならチャレンジできそうですよね。

また姿勢を整えられるので、デスクワークの肩こりにも活用できます。

ちょっとお下品な話になりますが、女性のおまたのゆるみ対策にもなるんです。

ぽっこりお腹の原因は脂肪だけじゃない

ぽっこりお腹の原因は様々ですが、その主な理由の一つが筋肉の衰え。

出たお腹には何がつまっているのかというと内臓です。
残念ながら、夢と希望ではありません・・・。

もちろん脂肪もありますが、余計にお腹を目立たせているのは内臓。

筋肉が衰えると、体を支える力がなくなって姿勢が崩れていきます。

姿勢が悪くなると一緒に内臓の位置もズレてしまうので、たるんだりお腹が出たりしてしまうのです。

年を重ねると前傾姿勢になりやすいですが、これは筋肉が衰えて姿勢を支える力が弱まっているからなんですね。

やせていてもお腹が出るのは、この筋肉の衰えによる ” ゆがみ ” の場合が多いです。

お腹を支えるのはインナーマッスル

「お腹やせ=腹筋」というイメージがありますよね。
もちろん大事な運動ですが、それだけではスッキリお腹にはなりません。

腹筋運動の代表といえば、上体起こし。
このトレーニングで主に使うのは外側にある腹直筋という筋肉です。

いわゆるシックスパックというやつですね。

腹直筋もたるみ対策に大切ですが、お腹は腹直筋以外にもたくさんの筋肉で支えられています。

ここで大事なのは、お腹を支える筋肉は前後左右にあるということ。

ぽっこりお腹を解消するには、お腹周りに総合的にアプローチする必要があるのです。

とくになかなか鍛えづらい、表面から見えない内側の筋肉が重要になってきます。

インナーマッスルを簡単に鍛える

内臓は「インナーマッスル」ともいわれるこの内側の筋肉たちが支えています。

お腹をスッキリさせるには、インナーマッスルが重要です。

シックスパックの奥にある腹横筋やサイドを固める内腹斜筋、呼吸に大事な横隔膜筋、背中を支える多裂筋、お腹を支える骨盤底筋。

これらの筋肉は、お腹をへこませるときにも使うため、状態を維持することで鍛えることができるのです。

ぽっこりお腹を解消するには難しいトレーニングよりも、まずは簡単にできる「お腹をへこませる」ところから始めるのが近道になります。

お腹をへこませると姿勢もよくなる

前述の通りお腹をへこませると、お腹から背中の筋肉までを総合的に使います。
そのため、まっすぐな姿勢を取りやすくなるのです。

逆に、お腹をへこませた状態で背中を曲げるのは、案外やりにくかったりします。

姿勢が良くなると肩こりや冷えにもいい

姿勢はダイエットの基本の一つ。

丸まった背中など崩れた姿勢は、血管やリンパを圧迫して流れを悪くしてしまいます。
血流の悪化は太りやすくなるほか、冷え性やコリなど体調にも影響します。

デスクワークのときにへこませると、お腹やせに以外に肩首の負担も減らす助けになりますよ。

お腹をへこませるのは1日中やらなくてもいい

とはいえ、ずっとお腹をへこませておくのも最初はつらいです。

1日中へこませておくのではなく、休みながら行いましょう。

例えば通勤の間だけとか、この仕事の間だけとか、区切りながらやると続けやすいです。

もっと簡単に姿勢を支えるなら、補正インナーを利用するのも効果的です。

体を本来の位置に整えて、姿勢維持のために筋肉をサポートしてくれます。
無意識にやめてしまうことも多いので、着用しておくと自然に体を支えてくれるので便利。

まずは姿勢からお腹周りの筋肉を意識してみましょう。

着ながらボディメイク【Slim Slender(スリムスレンダー)】

おわりに

お腹やせの運動もいろいろありますが、まずはできるところから始めるのがダイエットの近道。

腹筋はハードルが高いけど、お腹をへこませるだけでもいろんな筋肉を使えます。
そこから徐々にレベルアップしていくと成功につながりやすいですよ。

生活でぽっこりを解消しつつ、おしゃれも楽しみたいですね。