ダイエット

夏に太る理由は暑さにあり。夏太りを乗り切る方法

今年も夏がやってきました。

海にお祭りにフェス、イベントが盛りだくさん。

いろんな楽しみがある一方、太りやすいのが夏です。

イベントが多いからついつい食べすぎて太ることもありますが、夏バテして食べていなくても太るのです。

夏は紫外線意以外にも、知らないうちに体にダメージが蓄積されやすく、これが太る要因となっていることがあります。

今回はこの夏太りをしない方法についてご紹介します。

[toc]

夏は体の負担を減らさないと太る

そんなに食べてなくても夏太りするのは、この暑さからくる欲求にあります。

というのも、こう暑いと欲しくなるのは冷たいもの。

冷たいものの摂取が多くなるから、太りやすくなっています。

「冷たいものなんて関係ないじゃん」と思うんのですが、実は体に負担をかけているのは暑さではなくこの冷たさ。

この冷たいものが怖いのです。

冷たいものは内臓の温度を下げるため、食べ物の消化吸収に負担がかかるようになります。

また血流が悪くなったり、老廃物が流れにくくなるなどで代謝の低下やむくみなどにも影響をします。

もともと夏は体温と外気温の温度差が低いので、体温を保つためのエネルギー消費が少ないのです。

なのに、ここでさらに体に負担をかけたら余計に燃えにくくなります。

夏は無意識に太る食べ物が多い

夏は太りやすい食べ物が多いというのも避けられない事実。

たとえば、アイスやジュースは冷たいだけではなく、砂糖が多い食べ物です。

冷たいととくに甘みを感じにくいので、甘く感じるよう砂糖が多く入っています。

砂糖のとり過ぎは太るだけではなく、冷えに関係するものです。

「温かいものをとっているのに体が冷える」という場合、実は砂糖のとり過ぎだったということもありえます。

おいしいけど代謝を下げる食べ物なんです。

また夏でよく食べるのが冷製の麺類。

うどんや冷やし中華、そうめん、パスタなど暑くてもツルっとして食べやすい夏の王道メニューは全部糖質の多い食べ物です。

夏の問題は糖質の多い食べ物が多いことです。

麺類もそうですがアイスもそう。

フェスや夏祭りなど、イベントの出店で並んでいる食べ物は糖質の多い食べ物がほとんどです。

暑いから冷たい麺類が食べやすい、とそればかり食べていたら冷たさと糖質で太りやすくなります。

夏バテと夏太りは遠いようで近い存在

一見正反対に見えるのですが、夏バテは太るのとも関係しています。

「夏バテは食べる量減るからやせるでしょ」と考えるんですが、これが怖いところ。

実はそうではありません。

なぜなら、夏バテは食べる量は減るけど、摂取する栄養も減るからです。

ダイエットにおいて栄養は多すぎてもダメなんですが、少なすぎてもダメ。

栄養が十分取れていなければ、筋肉が減って基礎代謝が下がるため、食べる量が少し増えただけで太ったりします。

また夏バテは量が減る以外にも食べ物が偏ります。

食べても冷たいもの、食べやすいもの(麺類など)が増えて「栄養の偏り+糖質+冷え」で太りやすくなります。

夏に太るのを止めるためには、夏バテをしないというのも必要になってくるわけです。

夏太りしないために食べたい食事

夏バテは冷たいもので内臓が機能低下することで引き起ります。

内臓に元気に働いてもらうには、温かいものをとることが大切。

消化器官が温まればスムーズに栄養などの運搬が行われるようになり、血流もよくなります。

結果、代謝もよくなって太りにくくなるほか、美肌づくりも期待できます。

また、体温調整も助けてくれるので、体の熱を放熱し体温を下げ涼しさを感じられるように。

ずっと温かいものを食べる必要はありませんが、食べる頻度を増やすだけでもずいぶん違います。

飲み物も温かいものではなく、常温でも大丈夫です。

冷たいものを食べるときは、最後に温かいお茶をのんで内臓を冷やさない工夫をしましょう。

夏こそ野菜とたんぱく質

夏は糖質の料理が増えるからこそ、食べる物が大切になってきます。

旬の野菜を中心にお肉やお魚などもしっかり食べるようにすれば、筋肉の減少を防げます。

冷たい麺類の方が食べやすく調理もしやすいですが、太ることを考えるなら様々な食材を利用した温かい料理の方がメリットが大きいです。

暑くて調理をする気が起きないときは、夏場だけ宅配弁当などを利用するのもアリです。

栄養バランスなども考えてあるので、1人暮らしの場合はかなり便利です。

運動で代謝を底上げして夏太りを防ぐ

代謝が下がりやすいからこそ、運動で代謝を上げるのも効果的です。

暑いと外に出るのが嫌になり、室内にこもることも少なくありません。運動量が減って、筋肉も低下してしまいます。

だからこそ、体を冷やさないために運動が必要です。

運動で筋肉が増えれば代謝の底上げができ、体温自体も上がるようになるので太りにくくなります。

夏におすすめなのが水泳です。

水に触れるので暑さを感じにくい・運動量が多いのでダイエットにピッタリです。

ちょっとハードルが高い場合は、寝る前にストレッチもおすすめ。

少し体を動かすだけでもずいぶん違いますよ。

入浴で手軽に夏太り対策

「夏は暑いからサッとシャワーで済ます」という人も少なくないはず。

確かにシャワーの方が暑くないのですが、夏太りを考えると損をしています。

お風呂のメリットは体を簡単に温められること。

湯船につかるだけで体を芯から温めることができる、というのは他にはない手軽さです。

温浴といえば冬のような気もしますが、実は夏も最適な季節。

クーラーの効いた部屋や冷たいもので体が冷えやすくなっているからこそ、体を温める必要があるのです。

体が温まれば血のめぐりもよくなり、老廃物も流れやすくなるほか代謝もあがります。

夏だからこそお風呂で体を温めてあげましょう。

夏は”体にやさしく”が太らないコツ

体に関しては冬よりも夏の方がコントロールが難しく感じます。

冬は寒いから温かくしようと行動しますが、夏は暑いのでどうしても冷やす方面に傾いてしまいます。

でもそれが逆に体にとって負担となるので、太ったり体調を崩したりということが起こりやすくなるようです。

夏太りを防ぐためには体を第1に考えて、やさしくしてあげることがコツ。

冷やし過ぎず、夏でもちょっと体の温めることを意識してみましょう。