ダイエット

きゅうりダイエットとは?やり方と向き不向き

先日スーパーにいくと野菜売り場に「きゅうりダイエット」というポップがありました。

どうやらテレビか何かで紹介された新しいダイエット方法だそうです。

「今度はきゅうりか…」と思いつつ、それでもやっぱりどんなものか興味があったので調べてみることにしました。

でも、どうやら長期的なダイエットは向かなそうです。

この記事では、きゅうりダイエットのやり方と長期に向かない理由についてご紹介します。

栄養がないからダイエットにいいの?

はっきり言って、きゅうり自体ほぼ水分で栄養なんてなさそうです。

実際きゅうりの95%以上が水分でできているので、そりゃ水だけならやせるだろうという印象をうけます。

夏になるとおすそ分けで自動的に集まってきて食卓の定番になる、という思い出しかきゅうりにはありません。

たしかに、ビタミンやミネラルなど栄養バランスがいいというメリットはありますが、きゅうり全体に含まれる量としてはかなり少ないです。

カリウムが多いのでむくみにはよさそうですが、今のところ、低カロリー・低糖質意外のメリットは見えません。

きゅうりには意外な成分があった

何にもなさそうなきゅうりですが、どうやら脂肪燃焼を促進する成分が見つかったから注目され出したようです。

ホスホリパーゼといい、食事の脂肪を分解して体の外に出すという働きもあるため、新しいダイエット食材になりました。

ホスホリパーゼって?

ホスホリパーゼはリン脂質を分解してくれる酵素グループの一つ。

動脈硬化やコレステロールの抑制などに効果があるとされています。

デトックスや代謝を上げるのにも効果があるので、やせ成分ともいわれている

ただ、このホスホリパーゼ自体は珍しいものではないようで、レタスやキャベツといった他の野菜にも含まれているものです。

別にきゅうりが特別、というわけでもありません。

なのにきゅうりだけがクローズアップされるのは、ホスホリパーゼの脂肪分解能力が特に強いからです。

今は脂肪を分解するサプリもいろいろ売ってるけど、量も少ないし、割と値段もします。

それを考えると、きゅうりの方が安いし、おいしいし、脂肪も燃えてくれるのだからかなり手軽です。

きゅうりダイエットのやり方はシンプル

方法としては基本的に、きゅうりをポリポリ食べるだけという至ってシンプルなものです。

やり方としては

きゅうりを食前に1本食べる

以上。

果たしてこれをダイエットといって良いのかと思うほどシンプル。

でも、毎食きゅうりを齧らないといけないのか、と考えると気が滅入ります。

きゅうりダイエットの良いところは、アレンジがOKなところです。

1本をひたすら齧るのじゃなく、料理にして食べてもOK。

調理で味をかえても良いというのは続けやすそうです。

また、脂肪分解・燃焼の恩恵をより効率よく得たいときは、すりおろすのが良いそう。

ホスホリパーゼは細胞壁を壊すことで効率よくとれるため、きゅうりを大根おろしみたいにして食べるのがベストです。

個人的なおすすめはスムージーで飲みやすく仕上がります。

もちろん、そのまま食べるのでも問題ないので、その日の気分に合わせて調理を変えるのが続けるコツです。

成分以外にもダイエットとしてメリットがある

脂肪のアプローチ以外に、きゅうりには他にもダイエットとしてメリットがあります。

ドカ食い防止

糖の吸収を抑える

余分な水分を出す

最初に食物繊維の多いきゅうりを食前に食べておくことで、糖の吸収を抑えて脂肪をつきにくくします。

さらに、あらかじめ胃に糖質やカロリーの少ないきゅうりを入れておくことで空腹感がやわらぎ、ドカ食いを防ぐことにつながります。

すり潰さず食べる場合は噛む回数が増えるので、ドカ食いという点から見ればそのままきゅうりを食べる方が有効だと感じます。

また、きゅうりは水分を出してくれるカリウムが多いので、むくみやすい人にとっても助けになります。

どれくらいの期間で効果が出るの?

生活や体重・体質などは人それぞれなので、個人差がある感じですが、早めに成果が出たという話も多いです。

実勢された人の口コミは、

きゅうりダイエットっていうのを始めたんだけど、1週間で2キロやせた。
ちょっとお腹も凹んだ気がする。

1ヵ月で4キロやせた!そんなに食事制限してないのに!
もう少し頑張るぞ。

夏の体重コントロールはきゅうり。 
むくみが取れるし、太ってもきゅうり食べたら3~5キロくらいは何とかなるから重宝してる。

わたしの場合はそこまでではなかったけど、1週間で1キロ落ちました。

その後は継続できるかがポイントになってくると思います。

やせないのは?向き不向きもある

やせるという口コミがある一方で、当然ながらやせないという話もあります。

きゅうりダイエットがいいって言うからやったけど全然効果なし。

きゅうりでお腹膨れるけど、やせない…。
体重も変化ないし、ダメっぽい。

知り合いがやってたよ。特に見た目に変化なかったけどね。

きゅうりダイエットの注意として、冷えやすいタイプは向かないというのがあります。

というのも、きゅうりは体の熱を冷ましてくれるので暑い夏にピッタリなんですが、冷えが気になる人がやるとさらに冷えやすくなるからです。

冷えは代謝にも関係するため、きゅうりが逆効果になっていることもあります。

夏でも冷えやすい人は、きゅうりの量を減らすか、別のダイエットに変える方がおすすめです。

また、きゅうりを食べたことに安心して食べすぎる、という要因もあります。

食べすぎを抑えるための食前のきゅうりなのに、食事量が増えては意味がありません。

いくらやせ成分が入っているといっても、食べすぎは厳禁です。

個人的には運動の併用がおすすめです。

せっかく脂肪燃焼をサポートしてくれるのですから、ここで運動しないのはもったいないです。

きゅうりダイエットは夏限定の短期向け

今やきゅうりは1年中食べられる野菜ですが、やるなら夏季に限る方がいいと思います。

理由は2つ。

きゅうりの旬が6月~9月

飽きる

普段あまり旬を意識することはないかも知れませんが、季節は大きな意味を持つ要素です。

また、ひたすらきゅうりを食べる続けるのも無理があるからです。

きゅうりは「夏だから」ありがたい

きゅうりが夏野菜ということにも意味があります。

年中食べられるとはいえ、旬の夏は供給も多く、ほかの季節よりも安価に購入できます。

それに旬の季節で育ったきゅうりは栄養価が高く、味も濃いです。

また、旬の野菜はその季節に合った栄養成分があります。

例えば、冬の野菜は体を温めるような栄養が多く、反対に夏野菜は体の熱を冷ますような栄養が多く含まれています。

きゅうりは夏野菜で、余分な水分を排出したりと体を冷やす作用があります。

これを毎食前に食べるのは、暑い夏はともかく、寒い冬なら冷えに追い打ちをかけるようなものです。

昔、マクロビオティックに興味を持ったことがあり、記憶ではきゅうりは体を冷やす陰の野菜に分類されます。

たしかに冷えがひどかったときは、体を冷やしやすいとされる野菜などを多く食べていたので、あながち間違いでもないと思います。

やせるという意味でも、体の冷えはかえって脂肪が燃えにくくなるので、冬場はあまりおすすめしません。

なので、きゅうりダイエットをやるなら旬の時期だけにする方がいいですね。

寒い時期にする場合は、体を冷やし過ぎないよう、食事に気を付けておこないましょう。

飽きずに続けられるか

食事できゅうりだけを食べるわけではありません。

けど、食前には必ずきゅうりを1本食す必要があります。

これをずっと続けられるかが問題です。

確かにきゅうり単独で食べなくていいというダイエットです。

しかし、料理や味を変えられるといっても、毎食、毎日きゅうりを食べることになります。

ルーチンワーク化すればできるかもしれませんが、わたしの場合、長期間になれば絶対に飽きます。

こういった特定のものを食べる方法は、基本飽きが来やすいので長続きせず挫折パターンに入りやすいです。

1ヵ月は大丈夫だと思いますが、2ヵ月、3ヵ月と期間が長くなるにつれて多少モチベーションが下がるのは避けようがありません。

その中で続けていけるかというと微妙です。

多分、私の場合はできて3ヵ月くらいまでで、その後はきゅうりどころかダイエットそのものが自然消滅しそうです。

そうならないためにも、あらかじめ期間を決めて短期で勝負するのがおすすめです。

飽きてわざわざ嫌いな食べ物を増やすこともありませんしね。

ダイエット期間!と決めて、運動なども取り入れながら集中してチャレンジしましょう。

もちろん飽きるかどうかは人によるので、「全然問題ないぜ!」という人は最後までおいしくできると思います。

そもそもの始まりは和食店の総料理長が、「きゅうりを食べて2ヵ月で11キロ減量できた」ことから”きゅうりダイエット”が考案されたようです。

実際にきゅうりダイエット本も出しておられて、やり方はもちろん、レシピがたくさん載っています。

●きゅうりで11キロやせた、ミュシュラン2つ星の和食の名店「分とく山」総料理長・野崎洋光さんが、絶品きゅうりの“やせレシピ”を紹介!

さすが料理長ということもあり、レシピが豊富でしばらくは飽きません。

というか、思ってた以上にいろいろレシピが載っててダイエット以外でも使えます。

うまく活用できれば長期でもできるとは思います。

おいしくきゅうりを食べるには?

せっかくやるなら、おしくないと続きません。

より良いきゅうりを選ぶコツ、保存のコツをご紹介します。

選ぶポイント

きゅうりを選ぶときは、以下の点に注目してみましょう。

色が濃くハリのあるもの

イボがチクチク痛いもの

太さが均一

硬くてしっかりしたもの

何となくまっすぐなものを選んでしまいますが、曲がってても味自体には問題ありません。

ちょっと切りにくいですけどね。

でも店によっては曲がっている方が「規格外商品」として安く購入できることもあるので、悪いことばかりでもないんですよ。

すり潰すなら、見た目も関係ありませんしね。

きゅうりのイボイボも基準ですが、最近はイボがない品種もあるらしく一概に判断はできません。

でも、相変わらずイボのあるものが身近には多く売られているので、基準にして問題はないと思います。

保存は冷たすぎない

ダイエットするとなると、まとまった数を購入する場合が多いです。

そうなると、保存に気を付けなけいと傷みやすくなります。

特に夏場は何でも傷みが早いです。

保存する際は、以下に注意します。

野菜室で保存する

水分をふき取る

袋などに包んで保存する

保存するときは野菜室で縦になるように保存します。

きゅうりは暑いのも冷たいのも苦手なため、夏場の常温は危険です。

冷蔵室も温度が低すぎるので、冷蔵より温度の高い野菜室に入れます。

保存する際は、冷えすぎないようにラップや袋などにいれるようにしましょう。

袋に入れるときは、必ずきゅうりの水分をふき取った状態にしておくこと。

濡れたままだとデロデロになって傷みやすくなります。

短期集中で飽きる前に理想に近づこう

ダイエット失敗の理由で多いのが「飽きた」というもの。

最初は問題ないんですが、段々とやる気が薄れ、面倒になってやめるというのが私のパターン。

だからこそ、モチベーションが下がりきらない短期で攻める。

これが失敗しにくいコツになります。

また、夏場は食事が偏りやすい季節です。

さらに、季節としても脂肪が燃えにくいので、太りやすさを感じる人も少なくありません。

それを防ぐのにきゅうりを利用するのもアリだと思います。

もともと、きゅうりの原産国はインド。

日本に伝わったのは古墳時代ごろで、栽培が始まったのは江戸時代ごろからといわれています。

今ではすっかり日本で欠かせない夏の定番野菜として定着していますよね。

水分の塊だと思っていたきゅうりに、脂肪を燃やす成分があったとは驚きです。

うまく活用して夏を乗り切りましょう。