ダイエット

汗をかいてもやせないけど汗をかくべき理由

夏ってやせそうな季節だと思いません?

「近年はとくにに暑いし、汗が出るからすごくやせそう」

って思っても、全然影響なし。

すごい汗が出るわりに、あんまりやせないんですよね。

体重が減っても、見た目とかはあまりかわらないし・・・。

「汗=やせる」のイメージがありますが、実は汗自身は脂肪燃焼にあまり関係が無いようなのです。

本記事では、汗とダイエットの関係性についてご紹介します。

汗をかいても脂肪は減らない

今まで「汗をたくさんかいたらやせる」と思っていましたが、それはイコールではありません。

例えば、運動をすると汗が出てきますよね。

これは体を動かしたことによって体温が上昇したため、汗を出して体の温度を下げようとしているのです。

では暑い夏は?

暑いと何もしなくても汗が出てきますが、この汗は気温によって、ほてった体を冷やすために出てきているんです。

運動と暑さ。

状況は違うけれど、どちらも汗は熱くなった体を冷ますための機能だということ。

汗で体重が減ったとしても、実は体の水分が失われただけで、脂肪が燃えたわけではありません

たまに運動の汗は成分が違うからやせるという話を聞くのですが、残念ながら何をしても汗は汗なので成分に違いはありません。

あるとすれば、体温が上がった理由にあります。

運動の場合は、体を動かしてエネルギーを使用したので脂肪の燃焼につながります。

暑さでかいた汗は、体温調節であって脂肪を燃やしているわけではありません。

汗が脂肪の燃焼に直接かかわっているわけはないのです。

それでもダイエットするなら汗をかく必要がある

「汗が出たらやせる」と思っていたので、汗をかこうといろいろやっていました。

例えば中学のころ、夏に窓を締めきって長袖長ズボン(冬着)装備、さらに体にサランラップ巻いてひたすら耐える、という意味のわからないことをやっていました。

当然やせませんでしたが、黒歴史はたくさん生まれました。

いないと思いますが、絶対やらないで下さいね。

熱中症になります。

この通り、脂肪燃焼に汗は関係ありません。

関係ありませんが、汗は脂肪の燃えやすさを知るバロメーターになっています。

自分の汗の状態が悪い場合は脂肪が燃えにくく、ダイエット効果が出づらいということ。

汗が良い汗なら、脂肪燃焼をしやすい体ということなんです。

やせる汗、やせない汗あなたはどっち?

汗には良い汗と悪い汗の2種類があります。

自分の汗がどちらかわかれば、ダイエット効果の出やすさを知る目安になります。

やせにくい汗はベタベタして気持ち悪い

悪い汗とはベタっとして不快感のある汗。

海へ行くと潮風で肌がベタっとすることありませんか?

あんな感じの汗がベタベタ汗です。

ベタつく以外にも、以下のような特徴があります。

においがある

ミネラルが失われやすい

塩気がつよい

粒が大きい

気化しにくく肌に残る

ベタベタ汗はサラサラ汗と違って蒸発しにくい汗です。

そのため体温調節がしにくく、なかなか体温が下がりません。

放熱ができないので、体に熱がこもりやすいのです。

体温調節ができないと代謝も悪くなるるため、=脂肪が燃えにくいことにつながります。

やせやすい汗はサラサラしている

良い汗だといわれているのは、サラサラの汗。

サラサラ汗は、

においがない

塩気がない

汗の粒が小さい

気化しやすい

という特徴があります。

サラサラ汗は体の体温を下げる役目を持った汗です。

早く蒸発させて、熱を冷まそうとしてくれます。

良い汗は出るということは、体温調節ができるということ。

体温調節が適切にできるのは、代謝機能が働いている証拠です。

やせ体質の目印ともいえます。

ベタつく汗が出るのは汗をかきにくくなっている

実はベタベタ汗がよく出る人は、汗をかきにくい人でもあります。

汗がかきにくいと体の熱を逃がせなくなり、熱こもるようになります。

なので熱中症にもなりやすいんです。

体は熱を逃がそうにもサラサラ汗が出ないから、放熱がうまくいきません。

放熱できないなら、熱を上げないようしようとするため代謝が悪くなります。

また、汗がベタベタするということは、ミネラルが体から出ている証拠。

水分と一緒に塩などのミネラルが汗として出ているからベタベタしているのです。

例えば、海の潮風がベタつくのは、風にミネラルが含まれていることが要因です。

気化しにくいのも、不快感も体からミネラルが多く出ているからなんですね。

一方のサラサラ汗はほぼ水分。

だからサラッとして早く乾いてくれるのです。

ベタベタ汗の原因は、汗腺機能の能力低下によるもののようです。

汗腺とは汗をかくための体の仕組みですが、最近は夏でも快適に過ごせるようになったので、汗をかく機会が減っています。

汗をかく必要がなくなると、「あ、もう仕事しなくていいや」と汗腺が職務放棄を始めます。

手足、体の汗は少ないけれど顔汗がひどいという場合も汗腺がサボっている可能性があります。

2種類の汗の正体

汗腺には体温調節用のエクリン腺、フェロモンを出すアポクリン腺の2種類があります。

エクリン腺はサラサラの汗を、アポクリン腺はベタベタ汗を出します。

機能が低下してしまうのは、サラサラ汗のエクリン腺ですね。

アポクリン腺は人間の進化のなごり。

今はにおいが出やすいアポクリン腺は嫌われる傾向がありますが、昔は重要なものでした。

人類の進化の過程で次第にフェロモンを出すアポクリン腺は退化し、体温調節をするエクリン腺が発達していったといわれます。

太っている人の汗は?

「太っている=汗っかき」のイメージがありますよね。

実際その傾向は多いみたいです。

わたしも体脂肪率40%のころは年がら年中暑かったです。

太っているということは、脂肪が多いということ。

体についている脂肪が分厚いほど、体に熱がこもるようになります。

脂肪が分厚い断熱材になっているんですね。

保温効果抜群です。

標準体型の人に比べて体に抱えている熱が多いので、少し動いただけで汗が出ます。

はじめにお話した通り、体温調節のために汗が出るので脂肪は減りません。

でも、脂肪という重りが多いので、普通の人より多くのエネルギーを使います。

そのため、真面目にダイエットをするなら脂肪は落ちやすいです。

体質改善のチャンス!やせるためにいい汗をかこう

ダイエットではよい汗を書くことが大切。

働かなくなった汗腺の機能を改善する必要があります。

良い汗に改善する近道は、しっかり汗をかくことです。

習慣的に汗をかいて汗腺を鍛えれば、サラサラ汗の出やすい体に近づきます。

汗をかく方法は主に3つです。

お風呂が手軽で簡単

サウナやお風呂では脂肪は減らないけれど、汗腺を鍛えるのには有効な方法です。

お風呂などでじっくり体の芯から温まることで、汗が出やすくなります。

血行もよくなり、老廃物も流れやすくなります。

熱いお湯よりも、少しぬるめのお湯にじっくりつかるのがおすすめ。

高温での長時間の入浴は、体に負担がかかります。

40度以上で入浴する場合は、10~20分ぐらいを目安にしましょう。

サウナも高温よりは低めの温度でじっくり入る方が体にはやさしいです。

ただ、ベタベタ汗が出やすいということは「熱がこもりやすい=のぼせやすい体」でもあるということです。

低温でも、のぼせるときはのぼせます。

湯船の温度に限らず、長時間の入浴には注意しましょう。

とくに体調の悪いときは気を付けてくださいね。

とはいえ、汗が出にくいと入浴でも汗がなかなか出てくれません。

お風呂で汗が出なくて困るときは、以下の記事を参考にしてみてください。

体を動かせばダイエットとしても一石二鳥

運動して汗をかく習慣はおすすめの方法です。

脂肪も燃えるし、汗も出るしでダイエットとしては一石二鳥

実際、体を引き締めたり、たるみをどうにかするなら運動は欠かせません。

これを機にジョギングやウォーキング、筋トレやホットヨガなどにチャレンジしてみてはいかがでしょう。

発汗にいい食べ物

発汗といえば唐辛子やコショウなどの辛いスバイス、辛い食べものです。

冷え性にも良いと言われるショウガも体を温めるてくれるので、発汗を促すのには最適です。

辛いものが苦手じゃなければ、いつもの料理にちょい足ししてみるものいいですね。

ただ、食べすぎると辛みによる刺激で不調をきたしたり、便秘になることもあるので、過剰な摂取はNGです。

とくに胃腸の弱い人や便秘しやすいタイプは気を付けるようにしましょう。

汗をかきたければ水はこまめに飲む

忘れがちなのが水分補給です。

汗は原材料は体の水分。

水が足りていなければ、そもそも汗が出ませんし、血管もドロドロになって詰まりやすくなってしまします。

また、体の水分不足は代謝を悪くする要因の1つです。

しっかり水分を取るようにしましょう。

汗をかきやすくなってダイエットの後押しに

わたしは「汗=ダイエット」という認識があったので、熱いお風呂に長時間入ってのぼせたりしてました。

当時は運動とかをしてたわけじゃないので、体重は減ったけど見た目はあんまり変わりませんでした。

あれは水分が抜けたから体重が減った、というだけだったのですね。

直接脂肪は減らないけれど、汗をかくことはダイエットを助けてくれます。

水分もしっかりとって、良い汗を流して体質改善してみましょう。

また、汗だけではやせないけど、夏場のダイエットなら以下の記事も参考になると思います。