ダイエット

どうしてもお菓子がやめられない。理由はお菓子の中にある

やめたいけどやめられないお菓子。

あればつい手を伸ばしてしまうんですよね。

ダイエットしてるから我慢しようとするけれど、やっぱり食べちゃう。

で、後でうめき声を上げながらすごく後悔するのがいつものパターン。

この魔のループから抜け出すためには、1度お菓子と面と向き合うことが大切です。

お菓子がやめられないのにはきちんと理由があるのです。

おいしいだけじゃないお菓子の吸引力

どうしても食べてしまうお菓子。

お菓子は別腹!ご飯が入らなくてもお菓子なら入る!ということもあるくらい。

実際お腹いっぱいでも胃が動いてちょっとスペースを空けたりするらしいです。

すごいけど、うれしいような、うれしくないような…。

食べたいという気持ちは、それだけ強い力があるのです。

こうなると、お菓子がやめられないのは心とストレスが原因ということで話が終わっちゃいますよね。

でもこれだけではありません。

お菓子自身にもやめられなくなるものが入っているのです。

お菓子はストレス解消にちょうどいい

イライラしたり、失敗でへこんだり、不安になったりしたときにお菓子が欲しくなるとき、ありませんか?

わたしはよくあるんですが、お菓子ってストレス解消にちょうどいい食べものなんです。

サイズが小ぶりのものや片手でつまめるものが多い、というのももちろんあります。

それ以上に、手っ取り早く気分が紛れるんですよね。

お菓子はストレス解消にちょうどいい食べものなんです。

どうして簡単に気分を変えられるかというと、それはお菓子の材料が関係しています。

やめられない理由はお菓子自身にも

お菓子の材料で主となるのが小麦粉。

しょっぱいお菓子、甘いお菓子、いろいろありますが多く使われている材料ですよね。

主原料でもある小麦粉は、糖質が多い食べ物です。

この糖質はエネルギーにもなりますが、それ以外に幸せな気分も作ってくれます。

ストレス解消にいいというのは、この多幸感によるもの。

何をするよりもはやく幸せ感を得られるので、お菓子が欲しくなってしまうのです。

お菓子は小麦粉以外にも芋類、とうもろこし、米類など穀物が主原料です。

これらは糖質が多いので、食べることで不安感を紛らわそうとしています。

とくに甘いお菓子って幸せですよね。

ケーキやクッキーなどの場合はここに砂糖も使われているので、より糖の摂取量が増えて幸せな気分を感じやすくなります。

でも、この幸せ感というのは一時的なものなので、消えてしまえばまたお菓子が欲しくなります。

だからまた食べる。

これが太るループにつながってしまうわけです。

またお菓子はアブラも多く使われています。

アブラはダイエット中も大切ですが、とり過ぎると太ることに直結してしまいます。

お菓子を食べたいとき対策

食べたい欲求を止めるには、食事内容や睡眠時間の見直していくことが大切です。

でも、今すぐ止めたい、というときありますよね。

そのときは、以下の方法が助けになります。

歯磨きをする

ガムを噛む

豆乳を飲む

歯磨きをして口の中をスッキリさせることで、食べたい気持ちを抑えます。

また、食べたら歯磨きという習慣をつけておくと不必要な食事を止める役に立ちます。

ガムの場合は、ミント系のスースーするものを選びましょう。

これは歯磨きとも共通しているのですが、スーっとするメントール系は食欲を抑える助けをしてくれます。

なので、歯磨きの場合も歯磨き粉はミント系がおすすめです。

歯磨きが無理なら、マウスウォッシュでもOKです。

豆乳は肥満にもいいとされているのでダイエットの助けにもなります。

飲むときは、できれば温かいものがおすすめです。

温かい方がお腹や気分を落ち着けてくれます。

また、お菓子を食べる場合も、事前に飲むことで血糖値の上昇を抑えてくれるので太りたくないときに活用してみてはいかがでしょう。

お菓子以外のストレス解消法を

ストレスなどどうしても気持ちで食べてしまう場合は、できればお菓子以外の解消法があった方がいいです。

運動、読書、音楽いろいろありますが、難しく考えず1日のうち少しだけでも自分の時間をとるようにするだけでもOKです。

頭を空っぽにしてボーっとする時間は、心のリセットに大きな助けになります。

たまに温泉に行ったり、エステに行ったりして、羽を伸ばしてゆっくりするのもおすすめです。

完全にお菓子を断つ必要はない

ダイエット中はお菓子断ちする人も多いですが、個人的にはそこまでしなくてもいいと思います。

もちろん食べすぎるなら問題ですが、少し食べるくらいならあまり影響は感じません。

逆に食べても減ったりすることがあるので、そこまで神経質にならなくてもいいと思います。

量や食べ方、食べる物の種類に気をつければ大丈夫です。

ガチガチに制限しすぎるとかえってお菓子が止まらなくなるので、ちょっとゆるくチャレンジするのが続きやすいですよ。