ダイエット

生野菜が嫌いでもダイエットできる!野菜嫌いは食べ方に縛られるな

ダイエット中の食事と言えば野菜中心に語られることが多いですよね。

とくに生食をすすめられます。

生食オンリー、加熱ダメ、ドレッシングダメ。

そもそも野菜が嫌いなので、これはどう見てもただの苦行です。

むしろ無理に野菜を食べることが、挫折してリバウンドする原因になることだってあります。

この記事では、野菜嫌いの野菜の食べ方についてお話していきます。

野菜苦手でドレッシング無し・生で食べるとか無理

野菜嫌いにもいろいろあります。

食感が嫌い、味が嫌い、見た目が嫌い、何かわからないけど嫌い。

はっきり言って、嫌いだと言っているのに生で食べろとか無理です。

生で食べるならドレッシングは絶対欲しいです。

だから、もう無理に食べ方に縛られる必要はないと思います。

たとえ野菜嫌いでも、工夫次第で食べられることもあります。

野菜が苦手な人がトライするなら「ダイエットで推奨される食べ方」をしないこと。

食べられる野菜は食べて、あとは青汁などで補う。

苦手なのに食べづらい方法をとる方が、ダイエットとしてマイナスです。

野菜はダイエットに必要なのか

ダイエットで野菜といわれる主な理由は、糖質やカロリーの低さ。

さらに、食物繊維が多く満腹感を得やすい、お腹いっぱい食べても脂肪になりにくい。

そのため野菜を中心とした食事を、といわれています。

やせるためには食事内容が大切。

カロリーや糖質ももちろんですが、どちらかというと栄養が大事です。

野菜が必要なのはビタミン・ミネラル・食物繊維などの栄養を取り込むため。

どれも不足している人が多いと言われる栄養です。

ミネラルやビタミンは体の機能をサポートしており、代謝にも関わります。

また、食物繊維は腸内環境を整える上で必要だし、そもそもこれがないと便がなかなか出てくれません。

それにダイエットとしては、糖の吸収を抑えることがカロリーよりも重要です。

そのために食物繊維が活躍してくれるわけです。

カロリーとか太らないとかという話ではなく、野菜がダイエットに必要な根本的な理由は、体を整えて脂肪を溜めないようにするためです。

嫌いな野菜は好きに食べたて問題なし

実を言うと、わたしは生野菜があまり好きではありません。

でもダイエットには苦手な生食が推奨されます。

他にもノンオイルがいいとか、ドレッシングがダメだとかいろいろありますよね。

正直ノンオイルのドレッシングはずっと続けるには味気なかったし、ドレッシングなしも野菜が苦手だからおいしくなかったです。

嫌いな食べ方を続けてダイエットに失敗するくらいなら、食べやすいように食べる方がずっと近道になります。

お肉と一緒に食べる

ダイエット中はお肉類を食べないという人もいるけれどそれはNG。

お肉は代謝アップにもつながるので、食べた方がいいんです。

それに、お肉と一緒の方が野菜が食べやすくなります。

お肉が嫌いな場合は、玉子料理でもOK。

好きなものと合わせて食べてみましょう。

サラダはドレッシングを使っていい

サラダも好きなドレッシングを使って大丈夫です。

ダイエットで油はダメだとよくいわれますよね。

でも油をまったくとらないのも、ダイエットにはデメリットが多いのです。

ノンオイルとかも気にせず、食べやすいものを使いましょう。

ただ、とり過ぎは塩分的にも良くないので、野菜とよく絡むように混ぜ合わせると食べやすくなります。

慣れたらドレッシングのかわりに、オリーブオイルを使ってみるのもダイエットの助けになります。

オリーブオイルは塩や胡椒などのスパイスと一緒にかけると食べやすくなりますよ。

またドレッシングではなく、お肉などのメイン料理と一緒に食べるのも◎。

生野菜が嫌いなら加熱してもいい

加熱した方が食べやすいなら、加熱調理して食べましょう。

生野菜が良いとされるのは、ビタミンと酵素に関係があります。

加熱をすると野菜の持つ酵素や一部のビタミンが壊れてしまうことから、生野菜を推奨する声が多いのです。

でも加熱にもメリットがあります。

生食は量を食べようとすると難しい面がありますが、加熱をすればボリュームが減りたくさん食べられます。

そのため食物繊維は生で食べるよりもたくさんとれるのです。

また加熱でビタミンが壊れるといっても、すべてなくなってしまうわけではありません。

鍋物などの場合、液体の方にもビタミンが溶け出ているので、スープもおいしく頂けば大丈夫です。

野菜は食べるよりジュースが1番楽

何して食べてもいいけど、結局食感が嫌だったらどうにもならないんですよね。

なので、我慢して野菜を食べるよりジュースにしてサラッと喉に通して飲み込んでしまう方が、野菜を楽にとりやすいです。

実際、食べるよりドリンクとして流す方がストレスが少ないし、味としても口に入れやすかったです。

野菜ジュースや青汁、スムージーなどいろいろあるので好きなものを選びましょう。

自分でスムージーを作れば普通に酵素も壊さず生でとれるし、フルーツを混ぜれば飲みやすくなります。

野菜ジュースや青汁を選ぶときも慣れないうちは、果物が入ったものを選ぶ方が飲みやすいです。

使い勝手なら粉末の青汁やスムージーが簡単です。

自作スムージー、ミキサーの底の部分がすごい洗いにくいんですよね。

そいう言う意味では面倒な洗い物の手間も省けるし、ゴミとしてもかさ張りません。

旅行先なんかにも持っていけますしね。

飲みやすさで選ぶならゴクリッチがフルーティーで始めやすいです。

▶雑誌、SNSで話題沸騰中のすごくおいしいフルーツ青汁 GOKURICH

こういうのは「〇回定期縛り」が多いのですが、初回解約OKなのがいいところ。

初回で安く買って気に入らなかったら即解約ができるのがいいんですが、普通においしかったのでそのまま続けました。

運動もしてたので、プロテイン入りというのが良かったですね。

レッドスムージ系の【もぎたて生スムージー】 も飲みやすかったです。

コラーゲンや鉄分など、女性の美容に特化した感じで、味はベリー系でちょっと酸味があります。

だいたいグリーン系しか飲んだことがなかったので、ベリーのこういうのもいいなと思いました。

ただ、飲みやすいフルーツ入りのスムージーや青汁は、糖質オフダイエットをしている場合はハッキリ言って向かないのも事実です。

でもフルーツが入っていないものは、青臭かくて正直飲みにくい。

飲みやすく、糖質が低いものの場合は、ルキナグリーンというフルーツ青汁が糖質1.1gとかなり低くなっています。

▶糖質制限できるフルーツ青汁ルキナグリーン

他のは普通に10g超えるのもあるので相当低いです。

公式サイトは置き換えで紹介してるんですが、普通に栄養サポートで活用できるので、糖質制限でダイエットしてるなら気にしないで良いかなと思います。

野菜は食べられる方法で食べればいい

いくらダイエットになるからと言っても、食べにくいと続けられません。

今でこそサラダも食べられるけれど、生野菜は本当に嫌いでした。

苦手だけど、やっぱり野菜を食べることの恩恵は感じるので食べやすい方法がベスト。

野菜が嫌いなら食べられる方法で食べる。

食べられる野菜だけ食べて、あとは青汁や野菜ジュースで補う。

苦痛なら挫折してしまいます。

やせてキレイになりたいのであって、菜食主義を目指しているのではありませんからね。

自分がやりやすい方法でおいしく頂きましょう。