ダイエット

冬は太る季節?実は冬こそダイエットシーズン

クリスマスに忘年会、年越し、お正月、新年会・・・。
冬はイベントが多い季節です。
ごはんもおいしいので、ついつい食べ過ぎてしまい太ってしまうことも。

冬は太りやすい季節のように感じますが、実はやせやすい時期でもあるんです。

冬はどうして太りやすいか

冬っておいしそうな食べ物がたくさんある季節ですよね。
前述のとおり冬はイベントが多く、ごちそうを食べる機会が多いので太りやすいんです。

また寒さから体を守るために脂肪をためやすく、熱を逃がさないようにしている、ともいわれます。

寒いから外にも出たくないので活動量が減り、代謝も減ってしまいます。
正月太りで悩む人も多いですよね。

でもこの寒さを味方につけることができれば、暑い夏よりもずっとダイエットに向いている季節になります。

なぜ冬がダイエットに向いているの?

冬といえば寒さ。

あったかい場所が幸せでうれしいですよね。
でもこの寒さが脂肪燃焼を促してくれるんです。

ところでエアコンは起動時に一番電力を消費し、冷房よりも暖房の方が消費電力が多いですよね?

体も同じ。

寒さで冷える体を温めるために消費エネルギーが増えます。
夏は汗がたくさん出るけれど、あれは暑さから体を冷やすためでエネルギーを消費しているわけではないんです。

自然と消費エネルギーが増える冬は、ダイエットしやすい環境なんですね。

また寒さはやせる細胞を増やすチャンスでもあります。

寒さは脂肪燃焼を助ける

脂肪といえば嫌なイメージしかありませんが、脂肪には太る脂肪とやせる脂肪があるのだとか。

やせる脂肪は褐色脂肪細胞と呼ばれ、生まれたときから持っているものです。

褐色脂肪細胞は脂肪を燃やす細胞ともいわれ、寒さを感じると脂肪を燃やして体温を上げる働きを持っています。
無駄な脂肪を燃やしてくれるので、「褐色脂肪細胞をたくさん持っている = やせ体質」とも言えますね。

でも残念なことに赤ちゃんの頃から持っている褐色脂肪細胞は、年齢とともに減少してしまい増やすことができません。

でも後天的に増やせる褐色脂肪細胞もあるんです。

この褐色脂肪細胞は、寒さによる刺激で活性化し、数を増やすようになります。
褐色脂肪細胞が増えれば、脂肪燃焼量も増やすことができます。

寒い冬はやせる脂肪を増やしやすい季節なんです。

寒さをガマンし続けるのはダメ

「なら薄着で寒いのを我慢してたらやせるのか!」

というわけではありません。

寒さを我慢しすぎると、今度は冷え過ぎて体を壊してしまいます。
血圧など健康に害がでるようになってしまいます。

無理に寒さを我慢するのではなく、外出するなど活動量を増やすようにすれば大丈夫。
冬は寒いから外出も億劫だし、運動も寒さからやめてしまうなど活動量が減ってしまうことが多いです。

寒いからこそ積極的に運動で体を温めたり、外出でウォーキングを意識したりすることで効果得ることができます。

ちょっと外に出る機会を増やしてみてはいかがでしょう?

おわりに

あったかい部屋がほっこりして嬉しい冬。

でもちょっと部屋から出て、寒い外で活動することはダイエットにもいいんですね。

わたしも冬はやせやすい気がしています。

同じ運動をしていても夏より冬の方が減少量が多い傾向なので、「やせやすい」という体感があります。

暑さが苦手なので、運動するのに寒い方が体が温まってちょうどいい、というのもあるかもしれませんが。

季節をうまく利用できれば、効率よくダイエットできそうですね。